コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フガード フガード Fugard, Athol

2件 の用語解説(フガードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フガード
フガード
Fugard, Athol

[生]1932.6.11. 南アフリカ連邦,ミドルバーグ
南アフリカ共和国の劇作家,映画監督,俳優。フルネーム Athol Harold Lannigan Fugard。父はイギリス系,母はオランダ系の白人。ポートエリザベスで学んだのち,1950年から 2年間ケープタウン大学で社会学と文化人類学を学んで中退。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フガード
ふがーど
Athol Fugard
(1932― )

アフリカ共和国の白人劇作家、俳優、演出家、映画監督。旧ケープ州ミドルバーグ(現東ケープ州)に生まれ、1932年ポート・エリザベスに移住。父はイギリス人ジャズピアニスト。母はアフリカーナー(オランダ系)。病身の父にかわって母が喫茶店を経営して家計を支えた。店の手伝いをしながら人種差別の実態を知る。46年地元の工業専門学校自動車整備士の資格を取り、50年にケープ・タウン大学で社会科学社会人類学を学んだ。のち船員となり2年間東洋を周航し、これがさまざまな人種と接する貴重な体験となった。その間に創作を始め、帰国後、南アフリカ放送局に勤めケープ・タウンに移住。大学時代の同窓で女優のシェイラ・メアリングと再会、57年に結婚、夫婦ともう一人の女優を加えて劇団サークル・プレイヤーズを組織し、演劇の世界にのめり込んでいった。58年ヨハネスバーグに移住。同年、当時黒人文化のメッカといわれた非白人居住区ソフィアタウンの黒人芸術家たちと接触、人種差別に苦しむ都市黒人の実態にふれ、その後のアパルトヘイトテーマとする実験演劇の仕事に取り組む転機となった。のち国立演劇機構(NTO)の舞台監督を務め、ヨーロッパアメリカザンビアなどを歴訪、活発な演劇活動を展開し、81年ナタール大学から名誉文学博士号を授与された。ほかに、多数の映画賞、演劇賞を受賞。戯曲に『血のつながり』(1961初演。1963刊)、71年オビ賞を受賞した『ボーズマンとレナ』(1969初演刊)や『こんにちは、さようなら』(1965初演。1966刊)、『人びとはそこで生きている』(1968初演。1969刊)、『背徳法で逮捕されたのちの声明』(1972初演。1975刊)、『島』(1972初演。1974刊)、『アロエからの教訓』(1978初演。1981刊)、『メッカへの道』(1984)などがある。なおニューヨークブロードウェーで大評判だった『シズウェ・パンジーは死んだ』(1972初演。1974刊)は、87年『こんな話』という題で地人会の手で日本でも初上演された。ほかに小説『ツォツィ』(1980)を出版。アパルトヘイト廃棄後の戯曲には『わが子どもたち!わがアフリカ!』(1990)と廃棄後の現実に対応する世代間(祖父と孫娘)のずれをテーマにした『谷間の歌』(1996)がある。[土屋 哲]
『福田逸訳『谷間の歌――バーニィー・サイモンの想い出に捧ぐ』(1999・而立書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フガードの関連キーワードブリンク中央アフリカ連邦南アフリカ戦争南ア戦争南アフリカ汎アフリカ主義南アフリカ連邦アフリカデー南アフリカワインパン・アフリカ連盟

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フガードの関連情報