コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクオウソウ Prenanthes acerifolia Matsum.

2件 の用語解説(フクオウソウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フクオウソウ【Prenanthes acerifolia Matsum.】

山地の林床にややまれにみられるキク科の多年草イラスト)。本州,四国,九州の冷温帯に分布する。高さ60cm内外。全体に腺毛があり,葉や茎を切ると乳液が出る。葉は茎の下部に互生する。葉身は長さ約10cmで5~7裂し,カエデの葉に似る。地中に短い匍匐(ほふく)枝を出し,先端に球芽をつけ,栄養繁殖を行う。花期は8~9月ころ。茎の上部が分枝し,径1.5cmほどの薄紫色の頭花を多数つける。頭花は舌状花のみからなり,属の学名(prenes〈下垂した〉+anthes〈花〉)が示すように,下垂して咲く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フクオウソウ
ふくおうそう / 福王草
[学]Prenanthes acerifolia (Maxim.) Matsum.

キク科の多年草。地中に短い走出枝を出し、先端に球芽をつけて栄養繁殖する。茎は高さ約60センチメートル、全体に粗く腺毛(せんもう)があり、切ると乳液が出る。葉は互生し、カエデに似る。8~9月、茎の上部が分枝し、紫白色で径約1.5センチメートルの頭花を多数下向きに開く。頭花は舌状花のみからなる。山地の林床に生え、本州から九州に分布する。名は、最初の発見地、三重県の福王山にちなむ。この属は日本に2種ある。他の1種のオオニガナP. tanakae (Fr. et Sav.) Koidz.は、頭花は淡黄色で径約3.5センチメートル。山地に生え、近畿地方以北の本州にまれに分布する。[森田龍義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フクオウソウの関連キーワード柏葉羽熊丁子菊紅葉羽熊山火口大地縛り菊薊亀甲羽熊紅輪花蔓蟻通水菊

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone