コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクオウソウ Prenanthes acerifolia Matsum.

世界大百科事典 第2版の解説

フクオウソウ【Prenanthes acerifolia Matsum.】

山地の林床にややまれにみられるキク科多年草(イラスト)。本州,四国,九州の冷温帯に分布する。高さ60cm内外。全体に腺毛があり,葉やを切ると乳液が出る。葉は茎の下部に互生する。葉身は長さ約10cmで5~7裂し,カエデの葉に似る。地中に短い匍匐(ほふく)枝を出し,先端に球芽をつけ,栄養繁殖を行う。花期は8~9月ころ。茎の上部が分枝し,径1.5cmほどの薄紫色の頭花を多数つける。頭花は舌状花のみからなり,属の学名(prenes〈下垂した〉+anthes〈花〉)が示すように,下垂して咲く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フクオウソウ
ふくおうそう / 福王草
[学]Prenanthes acerifolia (Maxim.) Matsum.

キク科の多年草。地中に短い走出枝を出し、先端に球芽をつけて栄養繁殖する。茎は高さ約60センチメートル、全体に粗く腺毛(せんもう)があり、切ると乳液が出る。葉は互生し、カエデに似る。8~9月、茎の上部が分枝し、紫白色で径約1.5センチメートルの頭花を多数下向きに開く。頭花は舌状花のみからなる。山地の林床に生え、本州から九州に分布する。名は、最初の発見地、三重県の福王山にちなむ。この属は日本に2種ある。他の1種のオオニガナP. tanakae (Fr. et Sav.) Koidz.は、頭花は淡黄色で径約3.5センチメートル。山地に生え、近畿地方以北の本州にまれに分布する。[森田龍義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android