コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクロムササビ greater gliding possum

世界大百科事典 第2版の解説

フクロムササビ【greater gliding possum】

有袋目フクロモモンガ科の哺乳類。姿,大きさともに齧歯(げつし)類のムササビに似て滑空する。フクロモモンガに比べてはるかに大型で,動作はゆっくりしている。体側からのび,前足の手首から後足くるぶしに及ぶ飛膜をもつ。体長30~48cm,尾長45~55cm,体重1.2~1.5kg。よく発達した育児囊には2個の乳頭がある。体色は個体によってさまざまで,背面がふつう黒色あるいは暗い茶色だが,中には灰色あるいはクリーム色のものもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フクロムササビ
ふくろむささび
greater glider-possum
[学]Schoinobates volans

哺乳(ほにゅう)綱有袋目クスクス科の動物。オーストラリア東部の高地に分布する。頭胴長30~48センチメートル、尾長45~55センチメートル、体重1.5キログラム前後。外形は普通のムササビによく似ている。体側には飛膜がよく発達し、木から木へ滑空することができる。雌には育児嚢(のう)があり、乳頭は2個。体毛は長く柔らかい。体上面は暗灰色から黒色、淡灰色と変化に富み、下面は白色またはクリーム色。樹上に単独かつがいで生活し、夜行性で昼間は木のうろなどで休息する。おもにユーカリの葉、花、芽を食べる。1産1子で、生まれたばかりの子は毛が生えていず、目は閉じている。[中里竜二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フクロムササビの関連キーワード育児嚢

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フクロムササビの関連情報