コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクロモモンガ sugar glider

2件 の用語解説(フクロモモンガの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フクロモモンガ【sugar glider】

有袋目フクロモモンガ科の哺乳類。姿,大きさともに齧歯(げつし)類のモモンガに似て滑空する。頭部が丸く,目が大きく目だつ。フクロムササビに比べてはるかに小さく,動作は敏しょうとされるが,モモンガに比較すると動きがゆったりしている。前足の第5指から後足のくるぶしにかけて飛膜がのびる。育児囊にはふつう4個,ときに2個の乳頭がある。体色はふつうクリーム色ないし淡褐色で,背中に1本の黒線がある。体長14~17.5cm,尾長17.6~19cm,体重90~130g前後。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フクロモモンガ
ふくろももんが
sugar gliderlesser flying phalanger
[学]Petaurus breviceps

哺乳(ほにゅう)綱有袋目クスクス科の動物。オーストラリア東部、ニューギニア島および付近の島、タスマニア島に分布する。頭胴長14~18センチメートル、尾長18センチメートル、体重90~130グラム。外形はモモンガによく似ていて、体側にある飛膜は前足の長い第5指から発達している。後足の第1指につめがなく、ほかの指に対向し、物を握ることができる。育児嚢(のう)はY字形で、内部に4個の乳頭がある。体毛は柔らかく絹状で、ほぼ灰色で下面は白い。森林に生息し、昼間は木のうろにつくった巣で休息し、夜活動して、木の実、果実、芽、花、花蜜(かみつ)、昆虫類などを食べる。1回の滑空距離は45メートルに達するといわれる。妊娠期間は約3週間で、普通1回に2頭の子を産む。子は、生後2か月ぐらい育児嚢で育てられる。飼育するとよくなれ、魅力的なペットになる。寿命は7~10年ほどである。[中里竜二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フクロモモンガの関連キーワードカンガルーコアラタスマニアデビル有袋類鼠カンガルー袋猫黒猿袋蟻食

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フクロモモンガの関連情報