フサカサゴ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フサカサゴ
ふさかさご / 総笠子
common scorpionfish
[学]Scorpaena onaria

硬骨魚綱カサゴ目フサカサゴ科に属する海水魚。本州の中部以南の日本各地、朝鮮半島南岸に分布する。後頭部はよく隆起し、両眼間隔域は深くくぼみ、さらに中軸部に溝を形成する。目の上に長い1本の皮弁がある。胸びれの腋(えき)部に皮弁がない。体は赤褐色で、褐色の小斑点(はんてん)がある。雄では背びれの棘部(きょくぶ)に大きい1個の黒色斑がある。コクチフサカサゴに似るが、背びれ前方部がよく盛り上がること、側線は胸びれ上方で急に降下することなどで区別できる。やや深みにすみ、底引網で漁獲される。全長25センチメートルぐらいになる。煮つけ、フライなどにする。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フサカサゴの関連情報