コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フサコケムシ Bugula neritina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フサコケムシ
Bugula neritina

触手動物門苔虫綱唇口目フサコケムシ科。扇状あるいは叢状の一見植物を思わせる高さ 15cmぐらいの紫褐色あるいは褐色の群体をつくる。群体は多数枝分れし,各枝は2列の個虫で成り立っている。幼生は緑褐色のトロコフォラで,早朝泳ぎだし,数時間後に他物に着生する。日本を含め世界各地の海にみられ,船底,岩壁,漁網などにも付着して大害を与えることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フサコケムシ
ふさこけむし / 房苔虫
[学]Bugula neritina

触手動物門苔虫(こけむし)綱唇口(しんこう)目フサコケムシ科の海産小動物。世界各地に分布し、岸壁、筏(いかだ)、漁網、船底などに密生して害を与える汚損生物の代表種で、コケムシ類のなかでは、おそらくもっともよく一般に知られている種である。個虫とよばれる小さな動物体が次々と無性的に出芽して、褐色から紫色の房状群体をつくる。暖海では群体は高さが10センチメートルを超えるほど大きく成長する。群体は次々と2分岐する枝からなり、各枝には体長0.7ミリメートルほどの個虫が2列に並ぶ。個虫はキチン質でできた虫室と23本前後の触手を備えた虫体とからなり、棘(とげ)などの付属物はいっさいもたない。生殖期になると各個虫の先端に卵室とよばれる球形の構造物がつくられ、幼生となって泳ぎだすまで受精卵がその中で育てられる。近縁種には、半透明または淡灰色で高さ3センチメートル以下の群体をつくるナギサコケムシBugula californicaや、汚損生物としてフサコケムシとともに、普通にみられるホソフサコケムシTricellaria occidentalisなどがいる。[馬渡峻輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フサコケムシの関連キーワードフサコケムシ(総苔虫)ヒメコケムシトゲコケムシ房苔虫

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android