コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フサヤスデ

2件 の用語解説(フサヤスデの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フサヤスデ

倍脚綱(ヤスデ綱)フサヤスデ科Polyxenidaeに属する節足動物の総称。尾端に特有の毛束を有しているのでこの名がある。微小なヤスデで体長3~4mm。体表は石灰質を含まないので軟らかい。頭には数個の単眼がある。胴は11~13節で,歩肢は13~17対。各胴節背板と側板に鱗片をもった有枝剛毛が群生し,全体は昆虫のカツオブシムシの幼虫に酷似している。石下や樹皮下に体表の剛毛を集めて固め,その巣の中に20個ぐらいの卵を数列に産む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フサヤスデ
ふさやすで / 総馬陸

節足動物門倍脚(ばいきゃく)綱フサヤスデ科Polyxenidaeに属する陸生動物の総称。体長3~4ミリで、昆虫のカツオブシムシの幼虫に似ている。ほかのヤスデと異なり、外骨格には石灰質を含まないので体が軟らかい。頭と11胴節があり、鱗毛(りんもう)状の毛が密生し、尾端には総状の長い毛の束がある。歩肢13対。腐葉中や樹皮の裏などに群生し、夏季に雌は産卵した卵塊を自分の毛で覆う。寿命はほぼ2年。関東地方以南に分布、イソフサヤスデなどが知られている。[篠原圭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フサヤスデの関連キーワード樋口寿康岡本胡保倍脚類馬陸安手汽車馬陸有馬久保石川総安小出英安正木正康

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone