フッカー(John Lee Hooker)(読み)ふっかー(英語表記)John Lee Hooker

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フッカー(John Lee Hooker)
ふっかー
John Lee Hooker
(1917―2001)

アメリカのブルース歌手、作曲家、ギタリスト。生年については1920年という説もある。

 ミシシッピ州北東クラークスデール近くに生まれる。義理の父ウィル・ムーアWill Mooreはギター弾きで、家には知り合いだった著名なミュージシャン、ブラインド・レモン・ジェファソン、ブラインド・ブレークBlind Blake(1895―1937)、チャーリー・パットンらが訪れていたし、また同郷のギタリスト、トニー・ホリンズTony Hollins(1900―59)らにも感化されて育つ。しかしフッカーは田舎の生活になじめず、メンフィスやシンシナティを経て1943年にはデトロイトへ出て、最大の黒人歓楽街ヘースティングズ・ストリートで歌うようになる。

 48年地元の音楽プロデューサー、バーニー・ベスマンBernie Besmanのもとでレコーディングを開始。ロサンゼルスのモダン・レーベルからシングル「サリー・メイ」「ブギ・チレン」を発表。特に後者の、ギター1本で弾き歌う独自のブギ・ウギは、第二次世界大戦後、南部の田舎から北部の都市やってきたばかりの聴衆にもっとも好まれ、センセーションを呼んだ。フット・ストンピング(足の踏みならし)が重くビートを刻むスロー・ブルースは、はらわたから出るようなヘビーなうなり声で他の追随を許さない独自の境地を築き、戦後現れた最高のブルースマンとして際立った存在となった。同レーベルからは「ホウボー・ブルース」、ホリンズの曲である「クロウリング・キング・スネイク」、また「アイム・イン・ザ・ムード」といった大ヒットを飛ばした(いずれも『ザ・グレート・ジョン・リー・フッカー』The Great John Lee Hooker(1963)に収録)。

 40年代終わりから50年代初めにかけては、キング、チェスといった比較的大手からスペシャルティ、スタッフ、ダンスランドに至るさまざまレーベルに、テキサス・スリム、ジョン・リー・ブッカー、ジョニー・ウィリアムズ、バーミングハム・サム、リトル・ポークチョップといった偽名、変名を使って、専属契約などどこ吹く風とばかりにレコーディングをする。それらはいずれも水準が非常に高く、エレクトリック楽器を使ったカントリー・ブルースの極致をも示した。そうした無軌道ぶりは55年のシカゴのビージェイ・レーベルとの契約で終止符が打たれ、バンド形式の活動に移行していく。

 また、リズム・アンド・ブルース・マーケットとは別に、フォーク・ソングを経て黒人ブルースへ向けられた関心により、フッカーは58年にフォーク・ブルース・アーティストとしてリバーサイドでアルバムを録音し、それを機にブルース、フォーク両面で活動していく。前者では「ブーン・ブーン」(『バーニン』Burnin'(1962)に収録)の大ヒットが生まれた。60年代に入るとアニマルズやヤードバーズといったブリティッシュ・ロック・グループに賞賛され、特に「ブーン・ブーン」のアニマルズによるカバーは大ヒットした。この結果「オリジナルのブルースマンのものより売れてしまう、ロック・グループによるカバー」という図式の成立により、ブルースの急速な一般化がもたらされた。

 ブルースへの関心が黒人以外にも広がる60年代中期にフッカーはインパルス、チェス、ブルースウェイといったレーベルからつぎつぎにアルバムを発表する。ホワイト・ブルース・グループのキャンド・ヒートと共演した『フッカーン・ヒート』Hooker'n Heat(1970)は、フッカーのブギ・ウギ・ビートが展開され、ヒット・アルバムとなった。日本ではこのアルバムでフッカーの存在を知ったロック・ファンが多い。これ以降、ロック・ミュージシャンとの共演も増え、ブルースの魅力を一般ファンにも伝えた映画『ブルース・ブラザーズ』(1980)にもストリート・シンガー役で登場、84年(昭和59)には来日も果たした。

 『ヒーラー』Healer(1989)を経て90年代にはEMI系メジャー・レーベルのポイント・ブランクからもアルバムを発表、ヒップな老黒人ブルースマンといったイメージでそれまでにないファン層もつかんだ。MTV時代に十分アピールのできる伝統的ブルースマンとして、生涯を通じて出したアルバムも100枚以上に達し、晩年までブルースが古くて新しい音楽であることをアピールした。

[日暮泰文]

『Charles MurrayBoogie Man; The Adventures of John Lee Hooker in the American 20th Century(2000, St. Martin's Press, New York)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android