コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッフ フッフ Ricarda Huch

2件 の用語解説(フッフの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フッフ(Ricarda Huch)

[1864~1947]ドイツの女流小説家・詩人。新ロマン主義運動を推進。歴史家としても活躍。自伝的小説「ルドルフ=ウルスロイの思い出」、評論「ロマン主義の開花期」など。フーフ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フッフ
ふっふ
Ricarda Huch
(1864―1947)

ドイツの女流小説家。ゲーテ賞初の女性受賞者。ブラウンシュワイクの豪商の家庭に生まれる。家の没落に際し自立を決意、チューリヒ大学で歴史を修める。1892年文学博士。同市の図書館司書女学校教師を経て作家生活に入る。自伝的長編小説ルドルフ・ウルスロイの回想』(1893)は、家の崩壊と並行して、不条理な愛ゆえに自滅した若き女性の生涯を描く。ついで文学論文『ロマン派の開化期』(1899)では、前期ドイツ・ロマン派の文人が予感し描いていた無意識の世界を発掘し、新ロマン主義文学の旗手となる。中期以降は、厳密に考証された資料を詩的想像力で肉づけした歴史小説が主流となる。「ローマ攻・防」の副題付二部作の『ガリバルディ実話』(1906~07)、三十年戦争(1618~48)を題材にした『ドイツの大戦』(1912~14)、伝記『ルターの信仰』(1916)、『バクーニン』(1923)など多数。[嶋屋節子]
『北通文訳『独逸浪漫派』(1933・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フッフの関連キーワードシェリーシューエルシュトルムストーデレッダブロンテボーボワールワシレーフスカヤ統一ドイツLMモンゴメリー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フッフの関連情報