コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッフ フッフRicarda Huch

2件 の用語解説(フッフの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フッフ(Ricarda Huch)

[1864~1947]ドイツの女流小説家・詩人。新ロマン主義運動を推進。歴史家としても活躍。自伝的小説「ルドルフ=ウルスロイの思い出」、評論「ロマン主義の開花期」など。フーフ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フッフ
ふっふ
Ricarda Huch
(1864―1947)

ドイツの女流小説家。ゲーテ賞初の女性受賞者。ブラウンシュワイクの豪商の家庭に生まれる。家の没落に際し自立を決意、チューリヒ大学で歴史を修める。1892年文学博士。同市の図書館司書女学校教師を経て作家生活に入る。自伝的長編小説ルドルフ・ウルスロイの回想』(1893)は、家の崩壊と並行して、不条理な愛ゆえに自滅した若き女性の生涯を描く。ついで文学論文『ロマン派の開化期』(1899)では、前期ドイツ・ロマン派の文人が予感し描いていた無意識の世界を発掘し、新ロマン主義文学の旗手となる。中期以降は、厳密に考証された資料を詩的想像力で肉づけした歴史小説が主流となる。「ローマ攻・防」の副題付二部作の『ガリバルディ実話』(1906~07)、三十年戦争(1618~48)を題材にした『ドイツの大戦』(1912~14)、伝記『ルターの信仰』(1916)、『バクーニン』(1923)など多数。[嶋屋節子]
『北通文訳『独逸浪漫派』(1933・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フッフの関連キーワード元治イギリス映画一竜斎貞山2025年問題日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A学校教育法北朝鮮二・一スト日米関係

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フッフの関連情報