コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フョードル[3世] Fyodor Alekseevich

世界大百科事典 第2版の解説

フョードル[3世]【Fyodor Alekseevich】

1661‐82
ロシアのロマノフ朝第3代皇帝。在位1676‐82年。ロシア史では通常,3世をつけず,皇帝フョードルと呼ぶ。皇帝アレクセイ・ミハイロビチの長男。治世中,戸別税の導入による徴税強化(1679),軍制改革,才能や功績よりも家柄を尊重して官職につける〈門地制〉の廃止(1682)などの政策がとられた。またトルコウクライナに侵攻したのを機にトルコと戦いを交え(1676‐81),ドニエプル川左岸のウクライナを獲得した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フョードル[3世]の関連キーワード隠元順治帝徳川綱重徳川頼房康熙帝煮売屋順治帝寛文ルイ14世様式嵐三右衛門

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android