コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラノ フラノ

6件 の用語解説(フラノの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フラノ

flannelから》フランネルの一種で、やや厚地の毛織物。洋服地に用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フラノ

フランネル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フラノ

毛織物のフランネルの日本での俗称。日本ではまた,フランネルを略してネルともいい,綿ネルに対して毛織物を本ネル,英ネルなどと呼ぶが,洋服地のフランネルについてはおおむねフラノと称している。フランネル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フラノ

〔flannel から〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラノ
フラノ

フランネル」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フラノ
ふらの
flano

もとフランネルの一種であるが、それより少し厚地の洋服地に使うものをフラノとよんでいる。組織は平織もあるが、おもに細い紡毛糸を使い、2―2の綾(あや)地に緻密(ちみつ)に織り上げたのち、縮絨(しゅくじゅう)・起毛・剪毛(せんもう)してメルトン風の仕上げを施した、生地(きじ)に腰のある比較的薄地の紡毛織物。色合いは茶、ねずみ色など霜降りによる淡色のものが多い。霜降りを織り出すには、濃・中・淡の同系統の色に染色した原毛を、紡績してつくった紡毛糸が使われる。用途は、スーツ、コート、ズボン、洋服地などである。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フラノの関連キーワードフランネルからは此れから天から疾うから根から葉から根っから葉っからカラシバーバスカムflannel-leaf

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フラノの関連情報