フラノ

世界大百科事典 第2版の解説

フラノ

毛織物のフランネルの日本での俗称。日本ではまた,フランネルを略してネルともいい,綿ネルに対して毛織物を本ネル,英ネルなどと呼ぶが,洋服地のフランネルについてはおおむねフラノと称している。フランネル

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フラノ
ふらの
flano

もとフランネルの一種であるが、それより少し厚地の洋服地に使うものをフラノとよんでいる。組織は平織もあるが、おもに細い紡毛糸を使い、2―2の綾(あや)地に緻密(ちみつ)に織り上げたのち、縮絨(しゅくじゅう)・起毛・剪毛(せんもう)してメルトン風の仕上げを施した、生地(きじ)に腰のある比較的薄地の紡毛織物。色合いは茶、ねずみ色など霜降りによる淡色のものが多い。霜降りを織り出すには、濃・中・淡の同系統の色に染色した原毛を、紡績してつくった紡毛糸が使われる。用途は、スーツ、コート、ズボン、洋服地などである。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

フラノ

〘名〙 (flannel から) 紡毛織物の一つ。経緯に紡毛糸を使い平織または斜文織にしたもので、軽く縮絨(しゅくじゅう)し起毛したもの。けばは短いが組織は密で、手ざわりが柔らかく、温かみと弾力性がある。フランネル。
※美しい村(1933‐34)〈堀辰雄〉美しい村「私は〈略〉フラノの散歩服に着換へながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フラノの関連情報