コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剪毛 せんもう wool shearing

4件 の用語解説(剪毛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

剪毛
せんもう
wool shearing

(1) ヒツジなどの毛を刈取ること。 (2) 毛織物仕上げ工程の一つとして,織物の表面に起毛したけばの先端を切って,一定の長さにそろえること。織物工程では専用の剪毛機を使うが,梳毛織物の場合は起毛しなくても製織工程などでけばが立つので,このけばを根もとから切取ることを剪毛という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せん‐もう【×剪毛】

[名](スル)
羊などの毛を刈り取ること。
毛織物を仕上げる工程で、織物の表面に出たけばを切って織り目をはっきりさせたり、長さをそろえたりすること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せんもう【剪毛】

( 名 ) スル
羊の毛を刈りとること。
毛織物の仕上げ工程の一。表面に出ているけばを切って長さをそろえ、織り目を明らかにすること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

剪毛
せんもう

メンヨウなどの毛を刈り取る作業をいう。メンヨウの場合は年1回、春の暖かい季節に剪毛する。日本ではサクラの花の咲くころに行われる。専用の大型電気バリカンが剪毛器として一般に用いられる。まず右頸部(けいぶ)から腹部へバリカンを入れ、これと平行に肩から臀(でん)部へかけて背まで刈り広げる。ついでメンヨウの体を左右反対にして、同じように左側を刈る。結局、全身の羊毛が腹開きの一枚の皮のように刈り取られる。これをフリースfleeceとよび、尾の付け根や足の汚れた部分を取り除き、刈り取った面(切り口)を外側にして両側から折り込み、ついで頭部から尾部へ巻き込む。産毛国では専門の剪毛師がいて、そのスピードおよび技術を競うコンテストも開かれている。[西田恂子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

剪毛の関連キーワードシアリング刈り取る・刈取る・苅り取る・苅取る草代鎌止刈込む刈取り刈取機柴刈和布刈剔毛 (clip)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone