コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランス国立中央文書館 フランスこくりつちゅうおうもんじょかんArchives Nationales

1件 の用語解説(フランス国立中央文書館の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フランスこくりつちゅうおうもんじょかん【フランス国立中央文書館 Archives Nationales】

史料の保存・閲覧のため,パリに設けられた国立の中央文書館。フランスの文書館制度の特徴は,この中央文書館を頂点に,ピラミッド型の行政組織に対応して,県のレベルでは〈県文書館Archives Départementales〉,市町村のレベルでは〈市町村文書館Archives Communales〉(そのうち,規模の大きい主要都市の文書館は〈都市文書館Archives Municipales〉として別個に扱われることがある)が設置され,整然とした史料保存体制が全国的に整えられていることである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone