フランス国立中央文書館(読み)フランスこくりつちゅうおうもんじょかん(英語表記)Archives Nationales

世界大百科事典 第2版の解説

フランスこくりつちゅうおうもんじょかん【フランス国立中央文書館 Archives Nationales】

史料の保存・閲覧のため,パリに設けられた国立の中央文書館。フランスの文書館制度の特徴は,この中央文書館を頂点に,ピラミッド型の行政組織に対応して,県のレベルでは〈県文書館Archives Départementales〉,市町村のレベルでは〈市町村文書館Archives Communales〉(そのうち,規模の大きい主要都市の文書館は〈都市文書館Archives Municipales〉として別個に扱われることがある)が設置され,整然とした史料保存体制が全国的に整えられていることである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フランス国立中央文書館の関連情報