コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松井秀喜 まついひでき

5件 の用語解説(松井秀喜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松井秀喜
まついひでき

[生]1974.6.12. 石川,根上
プロ野球選手。石川県の星稜高等学校時代に全国高等学校野球選手権大会に 3回,選抜高等学校野球大会に 1回出場。高校通算 60本塁打甲子園 4本)。右投げ左打ち,強打の 4番打者として 1992年ドラフト(→ドラフト制度)1位で東京読売巨人軍読売ジャイアンツ)に入団。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まつい‐ひでき〔まつゐ‐〕【松井秀喜】

[1974~ ]プロ野球選手。石川の生まれ。星稜(せいりょう)高校時代は夏の甲子園に3年連続で出場。平成5年(1993)巨人に入団。セリーグ最優秀選手、本塁打王、打点王を各3度獲得。平成15年(2003)に米国メジャーリーグに移籍し、日米通算1768試合に連続出場した。豪快な打撃や容姿から「ゴジラ」の愛称で親しまれた。国民栄誉賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松井秀喜 まつい-ひでき

1974- 平成時代のプロ野球選手。
昭和49年6月12日生まれ。星稜高にすすみ,平成4年夏の甲子園対明徳義塾高戦で5打席連続敬遠され,論議をよんだ。5年巨人に入団。外野手,右投げ左打ち。10年,12年本塁打王,打点王。13年首位打者。14年本塁打王,打点王。15年FAでアメリカ大リーグニューヨーク・ヤンキースに移籍。19年日米通算2000本安打を達成。21年ヤンキースのワールドシリーズ制覇に貢献し日本人初のシリーズMVPに選ばれる。同年ロサンゼルス・エンゼルスに,22年オークランド・アスレチックスに移籍。23年フリーエージェントとなったが,24年タンパベイ・レイズに入団。愛称はゴジラ。25年国民栄誉賞。石川県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵miniの解説

松井秀喜

日米の元プロ野球選手(外野手)。1974年6月12日、石川県出身。188センチ、99キロ。愛称、ゴジラ。92年、読売ジャイアンツに入団。93年、セ・リーグ高卒ルーキー新記録となる11本塁打を放つなど活躍し、95年には初のベストナインを受賞。以降2002年まで日本プロ野球界を牽引し続けたが、03年、米MLBのニューヨーク・ヤンキースに移籍、MLBオールスターゲームに初出場した。04年もオールスターに出場し、7月15日には日米通算350本塁打と日米通算1500試合連続出場を同時に達成した。06年頃より多くの故障に悩まされながらも、2007年5月6日、日本人メジャーリーガー2人目となる日米通算2000本安打を達成。08年、左膝の手術に踏み切るが本来の力を出せずに終わる。09年、日本人選手として初めてワールドシリーズMVPを受賞。10年、ロサンゼルス・エンゼルスに移籍。翌年11年、オークランド・アスレチックスに移籍する。12年には、タンパベイ・レイズとマイナー契約を結び、後メジャーに昇格するが活躍できず、同年12月、引退を発表。13年4月、読売ジャイアンツ終身名誉監督の長嶋茂雄と共に国民栄誉賞を受賞することが決定した。

(2013-4-3)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松井秀喜
まついひでき
(1974― )

プロ野球選手(右投左打)。6月12日、石川県で生まれる。星稜(せいりょう)高の4番・三塁手として春夏合計で4回、甲子園に出場した。高校通算ホームラン60本、3年生の夏の甲子園では2回戦の対明徳義塾戦で5打席連続して敬遠されるなど、当時からその強打は規格外のスケールだった。ドラフトの1位指名で読売ジャイアンツ(巨人)に入団。1年目の1993年(平成5)にホームラン11本を放ち、翌1994年にはレギュラーに定着して巨人の日本一に貢献した。1996年には打撃タイトルはとれなかったが、チームの大逆転でのリーグ優勝の立役者として初の最優秀選手(MVP)に選ばれる。1998年と2000年(平成12)には本塁打と打点の二冠王に輝き、2001年には初の首位打者を獲得、さらに2002年はホームラン50本、打点107で3回目の二冠王となり、2000年と2002年はチームを日本一へと導いてMVPにも選ばれた。守備も優れ、2000年から3年連続でゴールデン・グラブ賞を受賞。オールスター戦で1997年から5年連続本塁打をマークして山本浩二の記録に並ぶなど、大舞台でも強さを発揮した。FA(フリーエージェント)となった2002年のシーズンオフに大リーグ挑戦を表明し、翌2003年1月にニューヨーク・ヤンキースと2100万ドルで3年契約した。同年4月8日には、本拠地ヤンキー・スタジアムでのミネソタ・ツインズ戦で初のホームランを放ったが、それが満塁ホームランであった。また、同年の大リーグ・オールスター戦には、外野手としてファン投票で選出され、先発出場を果たした。さらに、打線の中軸として全試合に出場し、ヤンキースの38回目のリーグ優勝に貢献している。2004年はホームラン31本を放つなど、持ち前の長打力もみせた。2005年はホームラン数が23本に減少したものの、初の3割をマークし、3年連続全試合出場を果たした。同年シーズンオフに日本人メジャーリーガー最高額となる、4年総額5200万ドルで再契約を交わした。2006年はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への出場を辞退して万全の体調で臨んだが、5月11日の対ボストン・レッドソックス戦の初回の守備でスライディング・キャッチを試みて左手首を骨折。大リーグデビューからの連続出場は518試合でストップした。復帰したのは9月になってからで、結局その年は51試合の出場にとどまった。[出村義和]

2007年以降

2007年は出場143試合。左翼手としての先発は111試合だったが、指名打者(DH)としても32試合に出場。打率2割8分5厘、ホームラン25本、打点103をあげ、故障した2006年を除き、5年間で4回目となる100打点をマークした。5月6日の対シアトル・マリナーズ戦では日米通算2000本安打を達成、8月5日の対ロイヤルズ戦では日本人選手初となる大リーグ通算100本塁打を記録した。2009年は打率2割7分4厘、ホームラン28本、打点90でシーズンを終了。ポストシーズンではワールド・シリーズで3本塁打するなどヤンキースの優勝に貢献し、同シリーズのMVPに選ばれたが、この年でヤンキースを退団。
 2010年はロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム、2011年はオークランド・アスレチックス、2012年はタンパベイ・レイズでプレー。2012年12月、現役引退を表明。2013年国民栄誉賞受賞。
 日本での10年間の通算成績は、出場試合1268、安打1390、打率3割4厘、本塁打332、打点889。獲得したおもなタイトルは、首位打者1回、本塁打王3回、打点王3回、MVP3回、ベストナイン8回、ゴールデン・グラブ賞3回。大リーグ10年間の通算成績は、出場試合1236、安打1253、打率2割8分2厘、本塁打175、打点760。[編集部]
『松下茂典著『松井秀喜――星とバットと』(1994・東京書籍) ▽田中章義著『バットマン物語 松井秀喜の真実』(2003・講談社) ▽二宮清純著『ニッポンが生んだゴジラ(松井秀喜)の実力』(2003・小学館) ▽海法潤二著『松井秀喜観戦日記in2004』(2005・社会評論社) ▽松井秀喜著『松井秀喜 大リーグの真実』(2005・朝日新聞社) ▽広岡勲監修『学習まんがスペシャル「松井秀喜」』(2005・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松井秀喜の関連キーワード日本プロ野球選手会プロ野球選手会労組外野手内野手札幌アンビシャス東京ドリームス名古屋80D'sers福岡ドンタクズプロ野球チップスプロ野球PRIDE

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松井秀喜の関連情報