コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フンボルトペンギン Humboldt penguin

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フンボルトペンギン
ふんぼるとぺんぎん
Humboldt penguinPeruvian penguin
[学]Spheniscus humboldti

鳥綱ペンギン目ペンギン科の海鳥。全長約70センチメートルの中形種である。ペルーからチリ北部にかけて、寒流系のフンボルト海流(ペルー海流)が流れる南アメリカ西岸の島で繁殖し、魚類を食べる。洞や穴に営巣し、2卵を産む。周年繁殖し、堆積(たいせき)した糞(ふん)はグアノとなり、肥料としてかつては多量に採取された。[長谷川博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフンボルトペンギンの言及

【ペンギン】より


[種類]
 16種のペンギン類のうち,エンペラペンギン(コウテイペンギン)Aptenodytes forsteri(イラスト),アデリーペンギンPygoscelis adeliae(イラスト),ヒゲペンギンP.antarctica(イラスト)の3種は典型的な寒冷種で,南極圏に分布している。一方,ケープペンギンSpheniscus demersus(イラスト),フンボルトペンギンS.humboldti(イラスト),ガラパゴスペンギンS.mendiculus(イラスト)の3種は温帯種で,温帯から熱帯に分布している。マゼランペンギンS.magellanicus(イラスト)は南アメリカの南端部にすむ。…

※「フンボルトペンギン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

フンボルトペンギンの関連キーワードアレハンドロ埼玉県こども動物自然公園日本のおもな水族館バジェスタ[島]プンタデチョロスバジェスタス島志摩ちゃん駅長ペンギン列車カビンサス島さざなみダマス島アンクートット

フンボルトペンギンの関連情報