コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラウザ ブラウザ browser

翻訳|browser

6件 の用語解説(ブラウザの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラウザ
ブラウザ
browser

一般には情報を閲覧する(ブラウジング)ためのソフトウェアをいうが,特にインターネットワールド・ワイド・ウェブ WWWを表示するソフトウェアをウェブブラウザあるいは単にブラウザと称する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

ブラウザ

一般には「インターネット・エクスプローラー」や「Chrome」など、ウェブページを見るためのソフトであるウェブブラウザのことを指します。本来は、データファイルの中身を見る(ブラウズする)ソフトのことで、「ファイルブラウザ」「画像ブラウザ」などがあります。これらはファイルの一覧や画像の内容を見られますが、編集、加工はできないのが普通です。
⇨Chrome、Firefox
Internet Explorer

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブラウザ(browser)

ブラウザー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブラウザ

閲覧ソフトウェアとも。もともとはデータファイルの内容を確認するためのソフトウェアのことをいうが,インターネットWWWホームページを見るためのソフトウェアを指していうことも多い。
→関連項目アメリカ・オンライン[会社]イントラネットウィキペディア機械翻訳グループウェアJavaソーシャルゲームネットサーフィンポータル・サイトマイクロソフト[会社]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ホームページ制作用語集の解説

ブラウザ

Webページを閲覧するためのソフト。IE(インターネット・エクルプローラ)やFirefox、Operaなどがある。

出典|(株)ネットプロ
Copyright© 2010 NETPRO Co., Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラウザ
ぶらうざ
browser

データを閲覧するためのアプリケーション。一般的にはウェブブラウザをさす。ブラウズbrowseには、拾い読みするという意味がある。ウェブブラウザは、インターネットを構成するシステムの一つであるWWW(ワールド・ワイド・ウェブ)を利用して、文書などを表示するためのアプリケーションの総称である。Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)(IE)、Mozilla Firefox(モジラファイアフォックス)、Opera(オペラ)、Safari(サファリ)、Google Chrome(グーグルクローム)などがある。
 ウェブブラウザは、ウェブサーバー上にあるデータを閲覧する場合に使用するアプリケーションであるため、クライアント側のパソコンで利用する。基本的な機能としては、必要なデータが格納されている場所を特定する、ウェブサーバーにデータの発信などを要請する、送られてきたデータを受信してわかりやすく表示する、などがあげられる。一方のウェブサーバー側では、蓄積したデータを送信するだけでなく、クライアント側の指示に従ってサーバー上でプログラムを動かしその結果を送信するという動作を行っている。
 インターネットで使われるプロトコルには、WWW以外にも、リモート操作のtelnet(テルネット)、電子メールのSMTPやPOP、ファイル転送のFTP、チャットのIRC、ネットニュースのNNTPなどがあり、これらもウェブブラウザを介して利用可能である。
 かつてのウェブブラウザは一つの情報を一つのウィンドウに表示していたが、一つのウィンドウに複数のページを表示して、タブとよばれる小さな見出しを使って切り替えながら閲覧するタブブラウザが主流となっている。
 ウェブブラウザで使われている主要な構成要素に、レンダリングエンジンがある。これは、ウェブサーバーから送られてきたHTML、CSS、JavaScript(ジャバスクリプト)などのデータを解釈して画面に表示するプログラムで、その種類によって機能や速度などが異なる。2014年時点で、IEはTrident(トライデント)、FirefoxはGecko(ゲッコー)、SafariはWebKit(ウェブキット)、OperaとGoogle ChromeはBlink(ブリンク)というレンダリングエンジンを使っている。また、主要なブラウザのレンダリングエンジン部分を流用できるブラウザもある。Blinkエンジンを搭載しながら、IEのTridentに切り替えて使える国産のSleipnir(スレイプニル)などがよく知られている。Firefoxにも特定のタブをIEのレンダリングエンジンで表示するアドオンが用意されている。ウェブブラウザ以外にも、画像ファイルなどを一覧表示する専用アプリケーションをブラウザとよぶこともある。[黒川武広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブラウザの言及

【インターネット】より

…また,1985年にNSF(アメリカ科学財団)がARPAネットを吸収するような新たな基幹通信網に基金を出したが,それに接続するネットワークがすべてTCP/IPを採用したこともあって,TCP/IPはアメリカの研究教育機関における事実上の標準となった。90年代に入り,インターネット上に流れている,あるいは蓄積されている情報にアクセスする仕組みとしてWWW(World Wide Web,ウェブ)がCERN(ヨーロッパ合同原子核研究機構)で開発され,それを図示的に閲覧するためのブラウザ(Mosaic,Netscape,Internet Explorerなど)が次々に登場した。インターネットの商業利用も認められた。…

※「ブラウザ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブラウザの関連キーワードインターネットエクスチェンジインターネットサービスプロバイダーエクスプローラバーインターネットアクセスプロバイダーインターネットエクスプローラーエクスプロージョンショットグローバルインターネットエクスチェンジGIXネットフォース・エクスプローラーズエクスプローラーバー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラウザの関連情報