コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラックモア ブラックモア Blackmore, Sir Richard

3件 の用語解説(ブラックモアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラックモア
ブラックモア
Blackmore, Sir Richard

[生]1654. ウィルトシャー,コーシャム
[没]1729.10.9. エセックスボックステッド
イギリスの詩人,医者。英雄叙事詩アーサー王』 King Arthur (1697) の作者。その退屈さをポープの『愚人列伝』で嘲笑された。ほかに S.ジョンソンが称賛した『天地創造-哲学詩』 Creation,A Philosophical Poem (1712) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ブラックモア
ブラックモア
Blackmore, Richard Doddridge

[生]1825.6.7. バークシャー,ロングワース
[没]1900.1.20. テディントン
イギリスの小説家,詩人。多くの作品を書いたが,代表作は歴史的冒険小説『ローナ・ドゥーン』 Lorna Doone (1869) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラックモア
ぶらっくもあ
Richard Doddridge Blackmore
(1825―1900)

イギリスの小説家。オックスフォード大学を卒業し、弁護士生活のかたわら小説を書く。代表作『ローナ・ドゥーン』(1869)は、17世紀後期のデボンシャーを舞台に、凶悪なドゥーン一族に父を殺されたジョン・リッド青年が復讐(ふくしゅう)を遂げる物語。ほかにも『スプリングヘイブン』Springhaven(1887)など、歴史に材をとる冒険とロマンスの作品が多い。[小松原茂雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラックモアの関連キーワードシャーシーコッツウォルズミッドウィルシャーナーディルシャー廟ウィルヘルミナ山ウィルキンソン ドライコーラSK-シャーボコーシャマンウィル・ロジャース・フォーリーズウィシャート分布

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラックモアの関連情報