コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラフマプトラ[川] Brahmaputra

翻訳|Brahmaputra

世界大百科事典 第2版の解説

ブラフマプトラ[川]【Brahmaputra】

中国のチベット自治区からヒマラヤ山脈東端を横切り,インドのアッサム州バングラデシュを流れ,ガンガー(ガンジス)川本流と合してベンガル湾に注ぐ。ブラマプトラ川とも呼ばれる。全長2900kmは,長江(揚子江),黄河,インダス川に次ぐアジア第4の大河である。ヒマラヤのカイラス山中の氷河(東経82゜10′,北緯30゜30′)に発源し,チベット高原の南縁をツアンポ(蔵布。チベット語で〈清浄な人〉の意)川として約1100kmにわたって東流する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブラフマプトラ[川]の言及

【アッサム[州]】より

…州都はディスプール。ほぼ東西700km,南北50~100kmのブラフマプトラ川の狭長な河谷平野を主とする。同平野の標高は東部で約130m,西部で30mと内陸部に位置する割には低く,平均勾配も12cm/kmにすぎない。…

※「ブラフマプトラ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android