コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランディス ブランディスBrandys, Kazimierz

2件 の用語解説(ブランディスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブランディス
ブランディス
Brandys, Kazimierz

[生]1916.10.27. ウッチ
[没]2000.3.11. パリ
ポーランドの小説家。ワルシャワ大学法学部を 1938年に卒業。ナチスのポーランド占領を経験し,第2次世界大戦後にマルクス主義の週刊誌『鍛冶場』 Kuźnicaに参加した。処女作は『木馬』 Drewniany koń (1946) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブランディス
ぶらんでぃす
Kazimierz Brandys
(1916―2000)

ポーランドの小説家。ワルシャワ大学で法律を学んだが、ナチス占領を体験したのち、第二次世界大戦後、作家として活躍、フランスソルボンヌ大学で講義をしたこともある。デビュー作は戦争中に書き1946年に発表された長編『木馬』で、以来つねに政治と知識人のモラルの問題を作品のうえで追求し続けた。長編四部作『戦争と戦争の間』(1948~51)では共産主義資本主義の葛藤(かっとう)のなかでの世代の苦悩を描き、『グレナダ防衛』(1956)ではスターリン体制下の青年の苦しみを描いた。ほかに、『クルル家の母』(1957)、『郵便変奏曲』(1972)、『現実ばなれ』(1977)や、地下出版され、のちに亡命先のパリで続編が出版された日記『歳月』(1980~87)、エッセイ集『Z夫人への手紙』(1958~62)、短編集『赤い帽子』(1956)、『ロマン性』(1960)などがある。なお兄のマリアンMarian Brandys(1912―98)も歴史小説家であった。[吉上昭三・長谷見一雄]
『尾崎義・木村彰一編『世界短篇文学全集10 北欧・東欧文学』(1963・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブランディスの関連キーワードアロー号ブロッホ歴史小説フランツイリゴージェンオスメーニャ佐々木隆興芥川竜之介岩本栄之助エッケルト

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブランディスの関連情報