コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルゲンラント Burgenland

世界大百科事典 第2版の解説

ブルゲンラント【Burgenland】

オーストリアの南東端にある州(ラント)。面積3965km2。人口27万5000(1995)。ハンガリー平原の西部に属している。その平坦な地形は肥沃な耕地が大部分を占めており,小麦,テンサイ等とならんで,ブドウや果樹の栽培も盛大であり,ブルゲンラント・ワインは有名である。ハンガリーと国境を分けているノイジードル湖は,南北30km,東西6~12kmの細長い形状の,オーストリア最大の湖であり,湖面は季節によって変化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルゲンラント
ぶるげんらんと
Burgenland

オーストリア東端部にあり、スロバキア、ハンガリー、スロベニアと国境を接する州。面積3965平方キロメートル、人口27万8600(2001)。州都はアイゼンシュタット。アルプスが高度を減じ、ハンガリーの低地に移行する部分にあたり、低い山地・丘陵と、ノイジードラー湖を囲む低地からなる。第一次世界大戦までハンガリー領であったため、人口の約10%はクロアチア人、マジャール人、ロマからなり、新教徒の割合も14%と他州の平均の倍以上である。内陸性の気候に恵まれた農業地域であるが、小規模経営であるため、ウィーンを市場とする北部を除けば、商品化は後れている。気候が乾燥しているので良質のワインを産する。トルコをはじめ東方諸民族の侵入を防ぐ地であったため、多くの城(ブルゲン)を残しており、州名はこれに由来する。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブルゲンラントの関連キーワードフェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観アイゼンシュタット(オーストリア)メルビッシュ湖上音楽祭メルビッシュアムゼーエステルハージ宮殿ゼードルマイヤーJ. ヨアヒムトリアノン条約ピッヒラーベルク教会ルスト

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルゲンラントの関連情報