コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルータス Brutus, Dennis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルータス
Brutus, Dennis

[生]1924.11.28. 南ローデシア,ソールズベリ
[没]2009.12.26. 南アフリカ共和国,ケープタウン
南アフリカ共和国の作家,詩人。フルネーム Dennis Vincent Brutus。南アフリカ人を両親に南ローデシア(→ジンバブエ)に生まれ,幼少期に南アフリカ連邦へ移った。英語で執筆する代表的な詩人。アパルトヘイト下の人種区分はカラード。1947年,フォートヘア大学卒業後に教師となり,14年間英語とアフリカーンス語を教えた。この間アパルトヘイト反対運動,特にスポーツでの人種差別反対闘争を指導して 1962年高等学校を解雇され,1963年に逮捕されてロブン島の政治犯収容所に送られた。1965年釈放。1966年国外追放となりイギリスに亡命。その後アメリカ合衆国に落ち着き,反アパルトヘイト活動を継続。とりわけ南アフリカ共和国をオリンピック競技大会から排斥する運動で知られた。デンバー大学などを経て,1971年からノースウェスタン大学アフリカ文学教授。テキサス大学やピッツバーグ大学でも教えた。作品はおもに人種差別を主題にし,広く人間世界全体にみられる残虐性のなかにも残された良心を見出そうと訴えている。第1詩集『警笛,げんこつ,鉄靴』Sirens,Knuckles and Boots(1963)は収容中にナイジェリアのムバリ出版局から出された。『マーサへの手紙』Letters to Martha and Other Poems from a South African Prison(1968),『会釈と非難』Salutes and Censures(1982)など多数の詩集がある。作品の多くが発禁処分を受けていたが,1990年に禁を解かれた。日本の俳句にも関心が深く,英語による俳句ともいうべき短詩も多い。(→アフリカ文学南アフリカ文学

ブルータス

ブルーツス」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブルータス

ブルトゥス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルータス
ぶるーたす

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブルータスの言及

【ポパイ】より

…すぐに漫画の主人公となり,33年にはフライシャーMax Fleischer(フライシャー兄弟)によって短編アニメ映画のシリーズとなる。ホウレンソウを食べると怪力を得るのはこのアニメ版で強調され,恋人のオリーブOlive Oylのために恋敵のブルートBluto(ブルータスBlutusと呼ばれる場合もある)と戦う。幼いころ父親に生き別れた孤児で,独立独行,唯我独尊のポパイ哲学は〈I am what I am and that’s all that I am.(おれはおれで,だからおれなんだ)〉に表現されている。…

※「ブルータス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブルータスの関連キーワードブルートゥス(Marcus Iunius (Junius) Brutus)「ブルータス、お前もか」ブルータスよ,お前もかジュリアス・シーザージュリアス・シーザージュニアス・レターズ桂 枝雀(2代目)ブルータスお前もかロイ・B. フラージュリアスシーザーリチャードソンマガジンハウスエトルリア美術ダベンポート杏野はるな5月13日藤原竜也バレットケベードケンブル

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルータスの関連情報