コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルートゥース ぶるーとぅーす Bluetooth

4件 の用語解説(ブルートゥースの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ブルートゥース

数mまでを対象とした、近距離向けの無線通信技術。日本ではそれほど普及していないが、欧米ではほぼすべての携帯電話とノートパソコンに搭載されており、周辺機器を接続したり、ハンズフリー通話用のヘッドセットを無線化する時に利用されている。無線LANと同じく2.4GHz(ギガヘルツ)帯の電波を使うため、干渉が問題視されたこともあったが、実用上はほぼ問題ない。

(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブルートゥース(Bluetooth)

携帯情報端末などの無線接続に用いられる通信規格。パソコン、携帯電話などでケーブルを使わずにデータの送受信ができる。→パン(PAN)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ブルートゥース【Bluetooth】

複数のデジタル機器を無線で接続し、音声通信やデータ通信を行う技術の共通仕様。携帯電話、パソコン、デジタル家電などを接続する。 〔対話と説得を重視したバイキングの王(通称、青歯王)から〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルートゥースの関連キーワードUWBCB無線無線通信養護学校近距離中距離至近距離少女小説距離指数(天文学)次世代無線通信

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブルートゥースの関連情報