ブルートゥース(英語表記)Bluetooth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ブルートゥース」の解説

ブルートゥース
Bluetooth

電子機器間の近距離無線通信に使用される通信規格。1990年代末に開発され,またたく間に家庭用電子機器に幅広く使用されるようになった。遠隔制御にそれまで使われていた赤外線ではなく,無線周波を使用するため,機器間に障害物があっても通信できる。幅広い機器間の情報のやりとりを可能にするため開発され,低消費電力,低コストなどの特徴がある。ブルートゥースという名称は,10世紀にデンマークとノルウェーを統合したデンマーク王ハーラル青歯王」に由来する。1998年,スウェーデンの通信機器メーカー LMエリクソンが中心となり,コンピュータ携帯電話,携情報端末 PDAなどの端末間の無線データ通信を目指して数年がかりで開発した技術を市場に導入するためのコンピュータ会社や電子機器会社によるコンソーシアム「Bluetooth SIG」が設立された。1999年にブルートゥース1.0が発表された直後は,高コストだが通信速度が速い無線LAN規格 IEEE802.11b(Wi-Fi)に押されて陳腐化する懸念が抱かれたが,やがて市場で足がかりをつかんだ。2000年に携帯電話やデスクトップコンピュータに初めて搭載され,2001年にはプリンタやノート型コンピュータへと広がった。2000年代半ばには,ブルートゥース搭載の携帯電話用ヘッドセットが定着し,テレビ,腕時計,サングラス,フォトフレームなど多くの製品に採用された。規格開発から 10年の間に,ブルートゥースを搭載した製品が約 20億台出荷された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵「ブルートゥース」の解説

ブルートゥース

数mまでを対象とした、近距離向けの無線通信技術。日本ではそれほど普及していないが、欧米ではほぼすべての携帯電話とノートパソコンに搭載されており、周辺機器を接続したり、ハンズフリー通話用のヘッドセットを無線化する時に利用されている。無線LANと同じく2.4GHz(ギガヘルツ)帯の電波を使うため、干渉が問題視されたこともあったが、実用上はほぼ問題ない。

(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉「ブルートゥース」の解説

ブルートゥース(Bluetooth)

《「ブルーツース」とも》スマートホン、パソコンの周辺装置などの無線接続に用いられる通信規格。ケーブルを使わずにデータの送受信や機器の連携が可能となる。→パン(PAN)ブルートゥースローエナジー
[補説]通信距離は初め半径10メートル程度だったが、2016年発表のBluetooth 5では最大約400メートルとなっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パソコンで困ったときに開く本「ブルートゥース」の解説

ブルートゥース

⇨Bluetooth

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android