コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレイエ ブレイエBréhier, Émile François

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレイエ
Bréhier, Émile François

[生]1876.4.12. バルルデュック
[没]1952.2.3. パリ
フランスの哲学史家。ベルグソンに学び,1909年レンヌ,1912年ボルドー,1919~46年パリ各大学教授。 1939年より『哲学雑誌』の主筆。 1944年アカデミー・フランセーズ会員。フランス語による最も権威ある哲学通史『哲学史』 Histoire de la philosophie (1926~32) のほかに,『プロチノスの哲学』 La Philosophie de Plotin (1928) ,『エネアデス』7巻の訳と注釈を残した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレイエ
ぶれいえ
Emile Brhier
(1876―1952)

フランスの哲学史家。ブロシャールVictor Brochard(1848―1907)とベルクソンに学び、古代哲学の研究によって博士号を得たあと、レンヌおよびボルドー大学を経て、1919年から没するまでパリ大学で哲学史を講じる。第一次世界大戦に従軍して左腕を失うが、精力的に哲学史の研究を発表した。哲学史を抽象的観念の必然的発展としてではなく、創造的直観の自由な運動としてとらえ、哲学の内面的理解を目ざした。ギリシア哲学のプロティノスやアレクサンドリアのフィロン、19世紀のドイツ観念論哲学者シェリングなどの個別研究のほか、とくに『哲学史』7巻(1926~1932)が有名。[香川知晶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ブレイエ

生年月日:1876年4月12日
フランスの哲学史家
1952年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内のブレイエの言及

【ジロンド[川]】より

…ボルドーは湾口から約100kmの所にあり,さらに約75km上流まで感潮部である。両岸ではブドウが広く栽培され,左岸のメドック地方,右岸のブレイエ地方,サントンジュ地方はブドウ酒の産地である。低湿地は土地改良により牧場,野菜畑となっている。…

※「ブレイエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブレイエの関連キーワードアンリ ゴーディエ・ブルゼスカゴーディエ=ブルゼスカジロンド[川]生年月日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android