コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレンデル

3件 の用語解説(ブレンデルの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ブレンデル

チェコスロバキア出身のピアノ奏者。チェコのウィーセンベルク生まれ。クロアチアザグレブオーストリアグラーツに学び,E.フィッシャーらにも師事した。1948年にグラーツでデビューした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブレンデル【Alfred Brendel】

1931‐ 
オーストリアのピアノ奏者。ザグレブとグラーツで学び,さらに短期間だが,E.フィッシャーに師事した。1948年ウィーンでデビュー,同年ブゾーニコンクールに入賞,以後国際的な演奏活動に入る。デビュー当時,ブレンデルリストを得意とする技巧派のピアニストとして知られたが,本領はモーツァルトベートーベンなどのドイツピアノ音楽で発揮される。こうした作品でブレンデルは,堅固な構成力を保持しつつ深い情趣を表出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレンデル
ぶれんでる
Alfred Brendel
(1931― )

オーストリアのピアノ奏者。ザグレブとグラーツで音楽教育を受ける。その後ルツェルンエドウィンフィッシャーに師事、多大の影響を受けた。1949年ブゾーニ国際コンクールに入賞、ウィーンを本拠に演奏活動を開始した。初めリスト弾きとして知られたが、バッハからシェーンベルクまでの広いレパートリーをもち、とくにモーツァルト、ベートーベン、シューベルトの解釈で一家をなす。60年代後半にロンドンに移り、いっそう精力的な活動をみせるようになった。71年(昭和46)初来日。知性派の演奏家で、ロンドン大学の名誉音楽博士号をもつ。20世紀後半を代表するピアノ奏者の一人。著書に『Musical Thoughts and Afterthoughts』(1977。邦訳『楽想のひととき』)、『Music Sounded Out : Essays, Lectures, Interviews, Afterthoughts』(1991。邦訳『音楽のなかの言葉』)などがある。[岩井宏之]
『岡崎昭子訳『楽想のひととき』(1978・音楽之友社) ▽デイヴィッド・デュバル著、横山一雄訳『ピアニストとのひととき』(1992・音楽之友社) ▽木村博江訳『音楽のなかの言葉』(1992・音楽之友社) ▽和田司著『変貌する演奏神話――33回転の精神史』(2000・春秋社) ▽マルティン・マイヤー編著、岡本和子訳『対話録「さすらい人」ブレンデル――リストからモーツァルトへの道程』(2001・音楽之友社) ▽吉田秀和著『吉田秀和全集13 音楽家のこと』新装復刊版(2001・白水社) ▽吉田秀和著『時の流れのなかで』(中公文庫)』
「『シューベルト:ピアノ作品集』CD7枚組(1989) ▽マリナー指揮、ブレンデル、アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ演奏『モーツァルト:ピアノ協奏曲全集』CD10枚組(1995) ▽『ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集』CD10枚組(1996) ▽ラトル指揮、ブレンデル、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集』CD3枚組(1999・以上マーキュリー・ミュージック・エンタテインメント)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブレンデルの関連情報