コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブローベル ブローベル Blobel, Günter

2件 の用語解説(ブローベルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブローベル
ブローベル
Blobel, Günter

[生]1936.5.21. ドイツ,バルタースドルフ(現ポーランド,ニエゴスラウィッチ)
ドイツの分子生物学者。テュービンゲン大学で医師資格を取得後アメリカに渡り,ニューヨークロックフェラー大学蛋白質研究所に入所。 1976年から同大学教授。 1970年代の初期から細胞内の物質輸送の仕組みを研究し,生成された蛋白質のアミノ酸配列の末端にそれぞれ固有のシグナルがあることを発見。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブローベル
ぶろーべる
Gnter Blobel
(1936― )

アメリカの分子生物学者。ドイツのワルタースドルフ生まれ。1960年チュービンゲン大学医学部を卒業。2年間の研修医生活後アメリカに渡りウィスコンシン大学に進学、1967年に腫瘍(しゅよう)学で博士号を取得した。その後1969年までニューヨークのロックフェラー大学で研究。1969年同大学準教授、1976年より同教授となる。1986年よりハワード・ヒューズ医学研究所研究員も兼任。
 1971年、細胞内のリボゾームで合成された分泌タンパク質は、小胞体に輸送されるために固有のシグナル配列をもっているとする「シグナル仮説」を提唱。その後20年近くかけて、彼自身を含む多くの研究者により、分泌タンパク質の分泌までの過程をはじめとする細胞内タンパク質の輸送システムが明らかになり、シグナル仮説が実証された。多くの遺伝性疾患で、タンパク質の誤った細胞内局在が明らかになっており、細胞内輸送システムの解明はこれらの疾患の研究にも大きく貢献した。この功績により、1999年のノーベル医学生理学賞を受賞した。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブローベルの関連キーワード西ドイツ東ドイツドイツ菖蒲ドイツ鯉ドイツ文字統一ドイツへいつくば・るドイツの小さな町ドイツパンの日ドイ語

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone