コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブンブクチャガマ(分福茶釜) ブンブクチャガマ Schizaster lacunosus

1件 の用語解説(ブンブクチャガマ(分福茶釜)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブンブクチャガマ【ブンブクチャガマ(分福茶釜) Schizaster lacunosus】

ウニ綱ブンブクチャガマ科に属する棘皮(きよくひ)動物(イラスト)。相模湾以南からオーストラリアアフリカ東岸まで分布し,水深5~90mの砂泥地にすむ。殻長5cm,殻幅4.5cm,高さ3.5cmくらいで,上から見ると幅の広い心臓形,横からは三角形に近く,後端面は垂直になっている。和名はこの形によるという説もあるが,よくわからない。殻は薄くてもろい。殻の上面の中心よりやや後方に2個の生殖孔があり,それより花紋状歩帯が放射し,そのうち前方の1本が幅広くて長く,殻の前端に達して深いくぼみをつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブンブクチャガマ(分福茶釜)の関連キーワードがしゃがしゃ新ジャガとんだ茶釜べちゃくちゃぺちゃくちゃ大服茶トンブクツ文福茶釜ガゴメコンブ録山人信普

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone