コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブンブクチャガマ(分福茶釜) ブンブクチャガマSchizaster lacunosus

1件 の用語解説(ブンブクチャガマ(分福茶釜)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブンブクチャガマ【ブンブクチャガマ(分福茶釜) Schizaster lacunosus】

ウニ綱ブンブクチャガマ科に属する棘皮(きよくひ)動物(イラスト)。相模湾以南からオーストラリアアフリカ東岸まで分布し,水深5~90mの砂泥地にすむ。殻長5cm,殻幅4.5cm,高さ3.5cmくらいで,上から見ると幅の広い心臓形,横からは三角形に近く,後端面は垂直になっている。和名はこの形によるという説もあるが,よくわからない。殻は薄くてもろい。殻の上面の中心よりやや後方に2個の生殖孔があり,それより花紋状歩帯が放射し,そのうち前方の1本が幅広くて長く,殻の前端に達して深いくぼみをつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone