コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーベ島 ブーベとう Bouvetøya

3件 の用語解説(ブーベ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーベ島
ブーベとう
Bouvetøya

大西洋,南緯 54°26′,東経3°24′に位置するノルウェー領の島。面積 58km2。 1739年フランスの J.ブーベが発見,1927年ノルウェー人が初めて上陸した。典型的な火山性の島で,最高点は 935m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブーベ‐とう〔‐タウ〕【ブーベ島】

Bouvet Island》南大西洋の亜南極に浮かぶノルウェー領の無人島。南極大陸の沖合約1600キロメートル、南アフリカのケープタウンの南西約2500キロメートル、南緯54度26分、東経3度24分に位置する。孤立した火山島であり、氷に覆われる。1739年にフランスのブーベにより発見。1927年にノルウェー隊が数か月滞在し、同国主権の属領となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブーベ島
ぶーべとう
Bouvet Island

南アフリカの南方、南緯54度26分、東経3度24分にある氷に覆われた孤立火山島。ノルウェー領で、ノルウェー語つづりはBouvetya。面積約50平方キロメートル。最高点は約935メートル。1739年1月フランスのブーベが発見、1927年12月ノルウェー隊が上陸した。[楠 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブーベ島の関連キーワード大西七つの海南大門北大西洋南大東空港ブーベ[島]南大通南大橋南大利南大東[村]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブーベ島の関連情報