ブーベ島(読み)ブーベとう(英語表記)Bouvetøya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーベ島
ブーベとう
Bouvetøya

大西洋南緯 54°26′,東経3°24′に位置するノルウェー領の島。面積 58km2。 1739年フランスの J.ブーベが発見,1927年ノルウェー人が初めて上陸した。典型的な火山性の島で,最高点は 935m。冷湿な永久凍結気候で,ペンギンアザラシが生息。定住者はいない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブーベ‐とう〔‐タウ〕【ブーベ島】

Bouvet Island》南大西洋の亜南極に浮かぶノルウェー領の無人島。南極大陸の沖合約1600キロメートル、南アフリカのケープタウンの南西約2500キロメートル、南緯54度26分、東経3度24分に位置する。孤立した火山島であり、氷に覆われる。1739年にフランスのブーベにより発見。1927年にノルウェー隊が数か月滞在し、同国主権の属領となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブーベ島
ぶーべとう
Bouvet Island

南アフリカの南方、南緯54度26分、東経3度24分にある氷に覆われた孤立火山島。ノルウェー領で、ノルウェー語つづりはBouvetya。面積約50平方キロメートル。最高点は約935メートル。1739年1月フランスのブーベが発見、1927年12月ノルウェー隊が上陸した。[楠 宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android