コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーメラン効果 ブーメランこうか boomerang effect

3件 の用語解説(ブーメラン効果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーメラン効果
ブーメランこうか
boomerang effect

出発点へ再び戻ってくる効果をいう。 1960年代を通じての賃金上昇傾向のなかで日本では労働集約品がコスト高になり,安い発展途上国からの輸入品との競争が激化した。そのため多くの企業が低賃金労働を求めて東南アジアなどの低賃金国へ生産拠点を移したが,そこでの生産物の一部は日本に逆輸入されてきて,初めの輸入競争圧力を一層強める傾向をもった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブーメラン‐こうか〔‐カウクワ〕【ブーメラン効果】

先進国開発途上国などにプラント輸出直接投資を行った結果、現地産業の競争力が高まり、その先進国への輸出増加となったり先進国の産業と競合関係に入ったりすること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ブーメランこうか【ブーメラン効果】

先進国による発展途上国への援助や投資が当該国の産業の成長を助け、やがて先進国に対する輸出増加となってはね返ること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブーメラン効果の関連キーワード双子のパラドックス誘起効果出発点磁電効果シュース効果熱サイクル効果ポール‐フレンケル効果マルクス効果(光物性)税効果資本単収増加・品質向上効果

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブーメラン効果の関連情報