コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プナン族 プナンぞくPunan; Penan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プナン族
プナンぞく
Punan; Penan

ボルネオ島内陸部の狩猟採集民の総称。一部は定着して陸稲栽培を行なっている。15~75人の小家族集団で,毒の吹き矢,槍を武器とし,一定の領域内を歩き,他集団の領域へは許可なしには立ち入らない。近年は銃の使用が増えている。親族組織は双系的であるが,父の名前を継ぎ,父方の系譜関係のほうが母方の系譜関係より詳しく想起される。結婚に婚資 (吹き矢,槍など) を支払い,集団内の婚姻が好まれる。集団には頭 (かしら) がいるが,恒久的な権力は保持しない。一般に階級分化はない。キリスト教が伝播している (東プナンにはプロテスタント,西プナンにはカトリック) が,大部分は伝統的宗教を維持している。シャーマニズムがみられ,鳥,シカ,ヘビなどによる前兆の信仰が認められる。創造主である至上神の崇拝があるが,宗教儀礼はあまり行なわれない。人が死ぬとその場に死体を埋葬し,住む場所を移動して数ヵ月は戻らない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プナンぞく【プナン族 Punan】

東南アジア,ボルネオ島内陸の森林に居住する採集狩猟民の総称。20~75人程度の小集団でキャンプをつくり,猪,鹿,各種サル類を吹矢と槍によって捕獲するほか,果実,野生サゴヤシなどの植物性食物に依存して生活する。形質的にはボルネオの土着農耕民族(ダヤク族)と同質であり,フィリピンやマレー半島に住む採集狩猟民がネグリト的特徴を有するのと対照的である。言語,文化の面でもまた近隣農耕民,とくにクニャー族との類縁関係が顕著に認められる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のプナン族の言及

【棺】より

…用材は中国に準ずる。
【東南アジア・太平洋海域】
 ボルネオ島のプナン族の棺は立木の幹に穴をあけ,この中に遺体をいれるが,そのあとで穴を封じて去る。同島のダヤク族の棺は幹を縦二つに切り割って内部をほりくぼめたものだが,カヌー(丸木舟)形とし,外面にはヘビ,トカゲ,あるいはフィリピンのルソン島のと同様に牛頭を彫刻する。…

※「プナン族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プナン族の関連キーワードサラワクR. ニーダムダヤク諸族

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android