プライス・リーダーシップ(英語表記)price leadership

世界大百科事典 第2版の解説

寡占的な市場構造があり,相互に代替性の高い商品のグループ間で,商品の価格決定権が特定の企業の手にあって,他の企業はこれに追随するという行動がみられるとき,プライスリーダーシップによる価格形成がなされているという。このときリーダーシップをとる企業は価格先導者(プライス・リーダー),これに追随する企業は価格追随者(プライス・フォロワー)と呼ばれている。このようなでの価格形成は,市場構造が次のような特徴をもつとき,しばしば観察される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のプライス・リーダーシップの言及

【寡占】より

…これに対して大企業は,みずからのそのような力を認識して,自分が行動を変えれば相手の小企業も戦略を変えるだろうことを見越して,みずからの戦略を選ぶ先導者の立場を選ぶかもしれない。このような例として,寡占産業における中心的な一企業が価格を決定し,他の企業はそれに同調した価格づけを行うプライス・リーダーシップをあげることができる。プライス・リーダーシップは,いわば,暗黙のうちに各企業が結託し,独占的な高価格をつけていると考えることもできる。…

【独占】より

…最もありふれた独占的行動は,カルテルなどによって競争を制限し,価格を高水準に固定する価格固定price‐fixingである。品目ごとに詳細な価格表を用意する古典的価格カルテルをはじめ,企業間の暗黙の合意のみにその基礎を置くプライス・リーダーシップ,全国いずこの工場で生産されたかにかかわりなく,業界内で設定した基準地点での工場渡し価格に輸送費を加算した販売価格を設定して競争を制限する基準地点価格制basing point pricingなど,さまざまな形態の価格固定がある。 商品の性質上,転売が困難な商品の独占的売手は価格差別を行う傾向がある。…

※「プライス・リーダーシップ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android