コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プライマリー・ストラクチャーズ primary structures

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プライマリー・ストラクチャーズ
primary structures

現代美術用語。 1960年代の後半にアメリカで生れた現代彫刻の動向。工業用素材と角柱立方体など幾何学的な基本形体を用いる彫刻をさす。 66年にニューヨークのジューイッシュ美術館で開かれた同名展覧会が最初。「基本構造」などと訳され,スケールが大きく,彩色されているのが特色。これらの彫刻家の一部はアースワーク,あるいはミニマル・アートへ向ったことで注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

プライマリー・ストラクチャーズ

1966年,ニューヨークのジューイッシュ美術館で開催された彫刻展の名称から始まった用語。〈基本的構造体〉という意味が示すように,大規模・抽象的・単純な形態とアルミニウムやステンレス・スチールなどの工業用金属素材,単純な彩色を特徴とする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

プライマリー・ストラクチャーズの関連キーワードプライマリー・ストラクチャーズジャッドモリス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android