プラト(英語表記)Prato

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラト
Prato

イタリア中西部,トスカナ州プラト県にある城郭都市。フィレンツェの北西約 13km,ビゼンツィオ川の西岸に位置する。11世紀に自治都市として栄え,毛織物工業が発達し,「イタリアのマンチェスター」と称された。繊維のほか,機械,セメントなどの工業が行なわれる。都心部には古い建物で囲まれたコムーネ広場があり,その北東の大聖堂 (12~13世紀) はフラ・フィリッポ・リッピの貴重なフレスコ画を残している。サンタ・マリア・デレ・カルチェリ聖堂 (15世紀) は,トスカナ地方におけるルネサンス建築の代表作の一つといわれる。13世紀中頃,フリードリヒ2世により築かれた城郭も残存。人口 18万8011(2011推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プラト【Prato】

イタリア中部,トスカナ州フィレンツェ県の都市。人口16万6305(1994)。イタリアの州・県庁所在地でない都市のなかで最大の人口をかかえる。織物,とくに毛織物生産の中心地である。12世紀にコムーネとなり,近くのピストイアの領土拡張政策に抵抗して独立を保った。14世紀初頭,すでに毛織物産業が発達し,その繁栄に刺激されたフィレンツェによって,1351年征服された。【町田 亘】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プラトの関連情報