コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラバーカラ Prabhākara Miśra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラバーカラ
Prabhākara Miśra

[生]650頃
[没]750頃
インドの哲学者。ミーマーンサー学派に所属。グル派の創始者。主著"Bṛhatī"。弟子にシャーリカナータ Śālikanāthaがいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プラバーカラ【Prabhākara】

インド哲学,ミーマーンサー学派の学匠。700年ころの人で生没年不詳。この学派の根本経典《ミーマーンサー・スートラ》に対する注釈書《シャバラ・バーシヤ》に,さらに《ブリハティー》という注釈書を著した。ほぼ同時代にこの学派で活躍したクマーリラとは多くの点で見解を異にし,このため,ミーマーンサー学派は,これ以降,クマーリラ派(バーッタ派)とプラバーカラ派(グル派)とに分裂した。哲学上の問題としては,クマーリラが否定したバイシェーシカ学派の〈内属〉という関係をプラバーカラは認めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラバーカラ
ぷらばーから
Prabhkara

生没年不詳。700年ころの、インド六派哲学の一つミーマーンサー学派の思想家。その学統はグル派とよばれる。彼はシャバラスバーミンの『ミーマーンサー・スートラ注解』に対する復注『ブリハティー』を著した。実体・性質・運動・普遍・内属・可能力・類似性・数の八つの原理をたて、直接知覚・推理・言語・類比(るいひ)・仮定の5種の知識根拠を認めた。また、文章中の語は文章中の他の語の意味と結び付いたそれ自身の意味を表示するという考えにたって言語哲学を展開した。[倉田治夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のプラバーカラの言及

【クマーリラ】より

…これらの考えかたはニヤーヤ学派にも多大の影響を及ぼしたと思われる。 彼の少し後輩にプラバーカラ(700年ころ)がいたが,さまざまな面で両者は異なった説を唱えた。たとえば,後者はバイシェーシカ学派と同じく〈内属〉を認めたが,前者は認めず,それを同一関係と解した。…

【グル】より

…このため,師への服従と献身とは弟子の義務の第一として,法典をはじめとするさまざまな文献でくり返し強調されている。なお〈グル〉は,固有名詞として,ミーマーンサー学派の哲学者プラバーカラを祖とする学派をも意味する。【吉岡 司郎】。…

【ミーマーンサー学派】より

…この点で,ベーダ聖典は作られたものであり,しかも語は音声以外の何ものでもなく,したがって無常であるとするニヤーヤ学派バイシェーシカ学派と鋭く対立した。 《ミーマーンサー・スートラ》に対しては,6世紀ころにシャバラスバーミンが注釈(現存するものでは最古)を加えたが,さらにそれに対して,クマーリラ(650ころ‐700ころ)が《シュローカ・バールッティカ》《タントラ・バールッティカ》《トゥプティーカー》を著し,プラバーカラが《ブリハティー》を著した。この両者の見解は多くの点で相違したため,以来,この学派は,クマーリラ派(バーッタ派)とプラバーカラ派(グル派)とに分かれた。…

※「プラバーカラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プラバーカラの関連キーワードハルシャバルダナタミル紛争般若燈論

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android