コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラント・エンジニアリング産業 プラントエンジニアリングさんぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

プラントエンジニアリングさんぎょう【プラント・エンジニアリング産業】

プラントとは,複数の機械・装置を組み合わせた大型産業設備である。プラント・エンジニアリングは,そのプラントの企画,システム設計から,資金調達,施工・建設,運転,さらにアフターケアまで一貫して行う技術の体系である。プラントおよびそのエンジニアリング技術を販売する産業をプラント・エンジニアリング産業と呼ぶ。プラント・エンジニアリング企業は,その規模,事業内容から,専業大手,鉄鋼,総合建設,造船・重機,産業機械,重電機器,通信・弱電・計器装置,専業その他に分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android