コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリビロフ諸島 プリビロフしょとうPribilof Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリビロフ諸島
プリビロフしょとう
Pribilof Islands

アメリカ合衆国,アラスカ州に属する島嶼。ベーリング海東部,セントポール島 (91km2) ,セントジョージ島 (70km2) ,そのほかの3島を含む。アザラシキタオットセイの猟で知られる火山島で,年平均気温2℃。植生はシダ,コケのほかは低木に限られ,キツネ,カモメ,ウミカラス,ウなどが生息する。 1786年ロシア人船長 G.プリビロフが到達したことによりロシア領となり,1867年のアラスカ買収によりアメリカ合衆国領となった。アレウト族が住み,合衆国市民権を有する。近年は野生動物の保護区として見直され,この海域のキタオットセイ猟は,1984年を最後に行われていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プリビロフ諸島
ぷりびろふしょとう
Pribilof Islands

アメリカ合衆国、アラスカ州南西部の諸島。ベーリング海東部に位置する、火山性の山がちな島々である。総面積468平方キロメートル。そのうち主要なものはセント・ポールとセント・ジョージの2島で、オットセイ、シロクマ、カワウソ、アオギツネ、海鳥類の繁殖地として知られ、とくにオットセイは世界の80%が生息するといわれる。1957年以来、アメリカ、ソ連、カナダ、日本により捕獲は厳重な統制下に置かれてきた。1767年にロシアのシンドが発見し、1786年にロシアのG・プリビロフが探検した。1867年アラスカ購入以来アメリカ合衆国領となる。別名ファー・シール(オットセイ)諸島ともいう。[鶴見英策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プリビロフ諸島の関連キーワードウミオウム(海鸚鵡)ホッキョクギツネホッキョクグマアリュート語ブリストル湾アレウト語アリュートアレウトレミングラッコ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android