コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリン塩基 プリンエンキ

栄養・生化学辞典の解説

プリン塩基

 グアニン(C5H5N5O,mw151.13),アデニン(C5H5N5,mw135.13),ヒポキサンチン(C5H4N4O,mw136.11).

 窒素を含むプリン核をもつ塩基性の化合物.グアニン,アデニンは核酸を構成するヌクレオチドの構成成分.ヒポキサンチンはイノシンの構成成分.生体内で合成される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プリンえんき【プリン塩基 purine base】

核酸を構成する単位物質。イミダゾール環とピリミジン環より構成されるプリン環をもつ塩基性物質。生体中で核酸の構成成分,あるいは低分子化合物として機能する。アデニン,グアニン(少量存在するものとしてはヒポキサンチンおよびそのリボヌクレオシドであるイノシンなどがある)はピリミジン塩基(シトシン,チミン,ウラシル)とともに核酸の重要な構成成分である。アデニンはATP,NAD,FADなどの補酵素の構成成分でもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

プリンえんき【プリン塩基】

プリン誘導体のうちの一群の塩基性化合物。アデニン・グアニン・キサンチンや、尿酸・カフェインなどがある。アデニンとグアニンとはピリミジン塩基とともに核酸の構成成分となっている。プリン体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のプリン塩基の言及

【核酸】より

…DNAもRNAもこれら4塩基がいろいろな順序で多数配列した巨大分子であり,場合によってはこれら塩基に特殊な修飾の加わった(例えばメチル化された)微量塩基が少量存在することもある。アデニン,グアニンならびにこれらが修飾を受けた塩基は,プリン骨格をもつので,プリン塩基と呼ばれる。一方シトシン,チミン,ウラシルならびにこれらの修飾塩基は,ピリミジン骨格をもつのでピリミジン塩基と呼ばれる。…

※「プリン塩基」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プリン塩基の関連キーワードレッシュ‐ナイハン症候群プリン(複素環式化合物)アデノシンデアミナーゼ6シャルガフの法則メルカプトプリンプリン(化学)ヌクレオシドケルダール法Zアデノシン分子生物学アデニル酸肉エキス制癌剤痛風

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android