コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルーマー プルーマー Plomer, William

3件 の用語解説(プルーマーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プルーマー
プルーマー
Plomer, William

[生]1903.12.10. 南アフリカピーターズバーグ
[没]1973.9.21. イーストエセックス,ルーズ
イギリスの詩人,小説家。 1926年放浪の途上,日本を訪れ,教鞭をとり,短編集『紙の家』 Paper Houses (1929) や長編『佐渡』 Sado (31) を書いた。『侵入者たち』 The Invaders (34) などの小説のほか,詩集『鶏の股』 Dorking Thigh (45) ,自伝『二重生活』 Double Lives (43) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

プルーマー Plomer, William Charles Franklyn

1903-1973 イギリスの小説家,詩人。
1903年12月10日南アフリカ生まれ。大正15年(1926)来日し,東京外国語学校(現東京外大),東京高等学校(現東大)で英語教師をつとめた。昭和4年帰国。1973年9月21日死去。69歳。ラグビー校卒。小説に「佐渡」,短編集に「紙の家」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プルーマー
ぷるーまー
William Plomer
(1903―1973)

イギリスの小説家、詩人。南アフリカに生まれる。青年時代に来日して旧制東京高校で教鞭(きょうべん)をとった経験があり、日本を題材にした作品に特異性がある。小説『佐渡』(1931)、短編集『紙の家』(1929)、詩集『ドーキング産の鶏(とり)の股(もも)、その他の風刺詩』(1945)、『公園の銃声』(1955)などのほか、ブリテンの教会オペラの台本として、能『隅田川』に基づく『カーリュー・リバー』などがある。[土岐恒二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プルーマーの関連キーワードブリンク南アフリカ戦争アフリカ菫ホワイトアフリカ南アフリカ汎アフリカ主義南アフリカ連邦アフリカデーアフリカの音南アフリカワイン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone