コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレーベ プレーベ Pleve, Vyacheslav Konstantinovich

3件 の用語解説(プレーベの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プレーベ
プレーベ
Pleve, Vyacheslav Konstantinovich

[生]1846.4.20. カルガ
[没]1904.7.28. ペテルブルグ
ロシアの政治家。内相,憲兵長官 (1902~04) を歴任。皇帝ニコライ2世時代の最も悪名高い反動的官僚で,革命運動や各地の農民反乱をきびしく弾圧する一方,ユダヤ人を迫害し少数民族ロシア化政策を推進した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プレーベ

帝政ロシアの政治家。1902年内相となり,自由主義者,少数民族をきびしく弾圧,国民の怨嗟(えんさ)の的となった。社会革命党エス・エル党)員により暗殺。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

プレーベ【Vyacheslav Konstantinovich Pleve】

1846‐1904
帝政ロシアの右翼内務官僚。反動的なことで知られる。警察局長(1881‐84),内務次官(1884‐94)を経た後,1902年4月から内相。内相就任後すぐハリコフポルタワ両県の農民蜂起をきびしく弾圧し,また,03年のキシニョフでのユダヤ人ポグロム(虐殺)にもその責任があった。20世紀に入って高揚していた民衆運動に徹底した弾圧手段でのぞみ,他方,民衆の関心をそらせるために〈ちょっとした勝ち戦〉が必要だとして極東での日本との対立を推進した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プレーベの関連キーワード黒百人組虚無党帝政ロシア統一ロシアヌルッラバイ宮殿ロシアの恋人欧州の右翼政党パンディタ・ハンボラマ内務官僚反動的ナショナリズム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プレーベの関連情報