コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロダクト・ライフサイクル product life cycle

5件 の用語解説(プロダクト・ライフサイクルの意味・用語解説を検索)

ブランド用語集の解説

プロダクト・ライフサイクル

製品ライフサイクルの項参照。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所
(C) 2010 Japan Brand Strategy, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プロダクト・ライフサイクル

PLCとも。製品が市場に登場してから衰退するまでの盛衰の状態を,売上高および利益の変化などからとらえたもので,通常,上に凸の釣鐘状の曲線で図示される。導入期,成長期,成熟期,衰退期の四つに区分するのが一般的。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

マーケティング用語集の解説

プロダクト・ライフサイクル

製品やサービスの導入から衰退までの流れのこと。
用語の解説

プロダクトライフサイクルは大きく4つの時期に分けて考えることができます。
1)商品導入期
ブランドの確立期でマーケティングコストに対しての売上げが低いため利益を生み出しにくい状態
2)成長期
市場浸透期で需要の増大に伴い競合の参入も増えてきます。
3)成熟期
他社との差別化が重要となる時期でマーケティングによる差別化や広告によるイメージチェンジなどが行われます。
4)衰退期
売上げが急速に減少し、市場からの撤退やイノベーションによる新しい価値の創造が迫られます。

出典|(株)マインズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

プロダクト・ライフサイクル

商品が市場に投入されてから姿を消すまでの流れを生物の一生にたとえたもの。通常、導入期−成長期−成熟期−衰退期の4段階をたどるとされている。 また、成長期を成長前期と成長後期に分けたり、成熟期と衰退期の間に飽和期を加えるなど、5段階や6段階のサイクルとして提示されることもある。このようなサイクルを商品に対してだけでなく事業にも当てはめ、事業のライフサイクルと言うこともある。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロダクト・ライフサイクル
プロダクト・ライフサイクル
product lifecycle

製品の売り上げの時間的推移をいくつかの段階に区切って理解しようとする分析枠組み。そうすることによって,それぞれの段階ごとにマーケティング戦略と収益性という面で,どのような機会があり,どのような面で問題があるのかが明確になってくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロダクト・ライフサイクルの関連キーワードスイッチングコストブランド化サービス製品関連属性流れ作業製品市場ポイントサービストレード・ショーワード・オブ・マウス・アドバタイジングローン販売ファーストサービス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プロダクト・ライフサイクルの関連情報