プロッター

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プロッター

コンピューターで作成した線や図形用紙に描くための装置。通常のプリンタープリンターヘッドの代わりにボールペンやシャープペンシルを使うもので、用紙の上に固定されたペンを動かして作図する。主に、機械や建築設計などの分野で、CAD図面の出力に使用される。最近では大型のプリンターに置き換えられ、あまり使われなくなっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

プロッター

コンピューターから送られて来る複雑な図面グラフなどをペンによって記録する装置。ドットで図形を描くプリンターと違って直接ペンで曲線を描くので,滑らかにつながった図面を作成できる。CADなどでつくられた建築や機械の設計図やグラフ作成,デザインなどに利用される。ペンプロッターは,ペンが図盤の上を縦横両方向に動いて作図するフラットベッド型と,用紙を動かしながらペンを一方向に動かして作図するフリクション型の2種類に分類できる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

プロッター【plotter】

コンピューターの出力装置の一。データを二次元の図形表現で、紙・フィルムなどの上に出力する。 X - Y プロッター。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロッター
ぷろったー
plotter

コンピュータからの指令によって紙の上に図のデータを出力するための装置。ペンなどの筆記用具を動かして、連続的な線の集まりとして作図する形式の機械をさすことが普通で、ドット・プリンターなど、微小なドットの集まりによって図形を構成するプリンターとは区別される。プリンターに比べ、大きな用紙に出力でき、また、図面を高品質で描けるため、高級なCAD(キャド)システムの出力装置として使用される。かつては磁気テープなどを介してオフラインで使われるものも使用されたが、現在ではほとんどが、コンピュータに直結して使用されるオンラインのタイプのものになっている。紙を平らな台の上に固定し、紙の上をペンが縦横方向に動くフラット・ベッド方式と、紙を縦方向にロールで動かすとともにペンが紙の幅方向に動くペーパー・ムービング方式とがある。設置に場所をとらない後者のタイプの方が普及しているようである。
 ペンの移動やロールの回転にはパルスモーターやサーボモーターなどを使い、0.05~0.1ミリメートルのステップを単位として動かすことができる。
 筆記用具にはボールペンやインクペン、鉛筆などが使われ、またコンピュータからの指示で筆記用具を交換して、色や線幅をかえることもできる。[大野義夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のプロッターの言及

【入出力装置】より

…ディスプレーを使わずに単独で座標や図形を入力するのに使われるのがグラフィックタブレットやディジタイザーである。製図など,大判の用紙への高品質の図形出力が必要な場合は,プロッターが使用される。
[画像入出力装置とディスプレー]
 画像には静止画と動画とがある。…

※「プロッター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プロッターの関連情報