コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プーラナ・カッサパ プーラナ・カッサパ Pũraṇa Kassapa

1件 の用語解説(プーラナ・カッサパの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プーラナ・カッサパ
プーラナ・カッサパ
Pũraṇa Kassapa

前6~5世紀に活躍したインド思想家原始仏教経典中では,六師外道一人としてあげられ,道徳否定論を唱えた。彼は生き物を殺し,苦しめ,悲しませ,おののかせ,人から物を盗み,家宅侵入,追いはぎ,姦通,虚言などをしても悪業に対する報いはないと説き,また逆に祭祀を行い布施をし,真実を語るなどの善業をなしても善の報いも存在しないと述べた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プーラナ・カッサパの関連キーワードアビナバグプタ韓非諸子百家思想家新ピタゴラス学派摩訶陀マーハーンアジタ・ケーサカンバリンサンジャヤ・ベーラッティプッタパクダ・カッチャーヤナ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone