コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プーラナ・カッサパ プーラナ・カッサパPũraṇa Kassapa

1件 の用語解説(プーラナ・カッサパの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プーラナ・カッサパ
プーラナ・カッサパ
Pũraṇa Kassapa

前6~5世紀に活躍したインド思想家原始仏教経典中では,六師外道一人としてあげられ,道徳否定論を唱えた。彼は生き物を殺し,苦しめ,悲しませ,おののかせ,人から物を盗み,家宅侵入,追いはぎ,姦通,虚言などをしても悪業に対する報いはないと説き,また逆に祭祀を行い布施をし,真実を語るなどの善業をなしても善の報いも存在しないと述べた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone