コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘクサコード ヘクサコード hexachord

翻訳|hexachord

3件 の用語解説(ヘクサコードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘクサコード
ヘクサコード
hexachord

音楽用語。中世後期とルネサンス期に音楽理論と実習のために用いられた6つの音から成る音階で,ミとファの間が半音であるのが特徴。ト音から始るものを硬いヘクサコード,ハ音からのものを自然的ヘクサコード,ヘ音からのものを柔らかいヘクサコードと呼んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヘクサコード(hexachord)

両端が長6度のひらきをもつ6音から成る全音階的音階。第3音と第4音の間が常に半音となる。中世・ルネサンス音楽教会旋法の基礎をなす音階。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘクサコード
へくさこーど
hexachord英語
Hexachordドイツ語
hexacordeフランス語

6音から構成される音階。下から3番目と4番目の音の間がつねに半音の音程をもち、他のすべての音の間は全音の音程をもつ。したがって、ヘクサコードの両端の音はかならず長6度音程に開いている。ピアノではハ音からイ音までの6つの白鍵(はっけん)によって、また階名唱法ではド―レ―ミ―ファ―ソ―ラによって、ヘクサコードを表すことができる。ヘクサコードの音階は、近代西洋音楽におけるようなオクターブの反復といった基本観念をもたず、旋法性が支配する中世からルネサンスにかけての音楽に相応する。とくに16世紀のミサ曲やマドリガーレなどにおいて、この音階はしばしば定旋律として用いられた。なお、ヘクサコードに関する音楽理論は、イタリアの理論家グイード・ダレッツォによってすでに10世紀に体系化されている。[黒坂俊昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘクサコードの関連キーワードツァルリーノルネサンスルネサンス音楽カロリングルネサンス近代音楽七自由科アフリカルネサンスの像ダンスリールネサンス合奏団皆川達夫ルネサンス演劇

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone