コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘクトル Hektōr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘクトル
Hektōr

ギリシア神話の英雄。トロイプリアモスヘカベの長男。アンドロマケの夫,アステュアナクスの父。トロイ戦争で,トロイ方の総大将をつとめ,アポロンの保護のもとに武勇を発揮し,ことにアキレウスが,アガメムノンと不和になり戦闘から手を引いた間はギリシア軍を苦しめ,味方の劣勢を盛返そうとしてアキレウスの武具を借りて出陣したパトロクロスも打取り,武具を分捕った。そこで親友の死の復讐を誓って,再び出陣したアキレウスと一騎打ちを演じ,打取られた。彼の死骸は戦車に結びつけられて引回しのはずかしめを受けたが,父プリアモスが身代金をアキレウスに積み,遺体を取戻して手厚く葬った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヘクトル

ギリシア伝説のトロイアの王プリアモスとヘカベの長男。アンドロマケの夫。トロイア軍の総大将で,ギリシア軍のアキレウスとは対照的に,温和で高潔な人として《イーリアス》に登場。
→関連項目イーリアストロイア戦争プリアモス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘクトル【Hektōr】

ギリシア伝説で,トロイア戦争におけるトロイア軍の総大将。その名は〈支え手〉の意。トロイア王プリアモスとヘカベの長子。アンドロマケAndromachēの夫。アステュアナクスAstyanaxの父。彼はたんに勇敢なばかりか,情理をもわきまえた名将としてよく祖国防衛の任にあたったが,戦争の10年目に,ギリシア軍最大の英雄アキレウスの身代りに出陣したパトロクロスPatroklosを討ち取ったため,親友の死に奮起したアキレウスとの一騎打ちに敗れて戦死した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヘクトル【Hektōr】

ギリシャ伝説でトロイアの英雄。トロイア王プリアモスと妃ヘカベの長男で、アンドロマケの夫。トロイア戦時にトロイア方の総大将として奮戦したが、最後にアキレウスとの一騎打ちに敗れて戦死。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘクトル
へくとる
Hector

ギリシア神話の英雄。ホメロスの叙事詩『イリアス』に歌われるトロヤ戦争におけるトロヤ方最大の勇士。トロヤ王プリアモスとヘカベの長男。無骨だが責任感が強く、ギリシアから美女ヘレネを奪い帰って戦争の原因をつくった弟パリスをののしりながらもつねに前線にたち、トロヤを1人で守り支えたとたたえられる。ギリシア方のアキレウスが、総大将アガメムノンに対する私怨(しえん)から戦列を離れている間、彼はギリシア軍を海辺まで撃退し、アキレウスの親友パトロクロスをも討ち取ったが、そのことがアキレウスの戦列復帰を促す結果となった。トロヤ城壁の上から息子に逃げてくれるよう両親が必死で嘆願したが、ヘクトルは踏みとどまってアキレウスを迎え、ついに決戦となって倒される。アキレウスはヘクトルの踵(かかと)に革紐(かわひも)を貫き、死体を戦車で引き回したが、神々がその死体の損傷を防いだ。
 また彼がアイアスとの一騎打ちに出かける前に、妻のアンドロマケと幼児アステアナクスとの間で交わす思いやりの場面(『イリアス』第六歌)はことに美しい。[中務哲郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヘクトルの言及

【イーリアス】より

アキレウスは全軍の会議の席で王アガメムノンにアポロンの怒りを鎮めるために,その神官の娘を返すよう迫るが,王は代りに彼の愛する捕虜の娘を奪う。この屈辱に怒ったアキレウスは以後の戦闘に加わることを拒み,戦局はギリシア軍に不利になるが,パトロクロスはアキレウスの武具を借りて出撃しヘクトルに討たれる。やっと怒りを解いたアキレウスは新たな武具を得てヘクトルを討ち取り,その遺骸を戦車につけて引き回し,親友を悼んで盛大な葬儀を営む。…

※「ヘクトル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘクトルの関連キーワードクイントゥス[スミュルナの]アイアス(大アイアス)トロイ戦争[神話]アンドロマックペンテシレイアエリック バナプロテシラオスネオプトレモスアイネイアスポリュクセネデイフォボスアエネアスカルポーデキリコアイアスアキレスヘレノスアレス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android