コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘビ毒 ヘビどく snake poison; venom

2件 の用語解説(ヘビ毒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘビ毒
ヘビどく
snake poison; venom

蛇毒 (だどく) ともいう。毒ヘビ類の唾液腺から分泌される毒。毒の生理作用には,呼吸麻痺を起させるクラーレ様作用 (コブラ) ,神経毒作用 (ガラガラヘビ) ,毛細血管,小静脈の血管壁に作用して出血させ,出血性腫脹となる出血毒 (マムシ) ,赤血球を破壊する溶血毒 (マムシ) ,血液凝固毒 (アオハブ) と抗凝固毒 (タイワンハブ,タイワンコブラ) ,心臓障害,肺循環の閉塞や肝血管の収縮を起す毒 (マムシ) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヘビ毒の言及

【毒ヘビ(毒蛇)】より

…とくにマムシ亜科の毒ヘビには赤外線に敏感なピット器官が備わり,夜間でも目標を確実に攻撃することができる。 ヘビ毒はおもにタンパク質と酵素からなり,種々の成分が含まれるが,主要成分は血管系統に作用し組織に出血させる出血毒hemorrhaginと,呼吸中枢などの神経系に作用して筋肉を弛緩させる神経毒neurotoxinで,クサリヘビ科では出血毒成分が多く含まれ,コブラ科では神経毒成分が含まれる率が高い。毒ヘビは種類によって各種成分の内容が異なるため,治療用の抗ヘビ毒血清は同一種の毒から精製されたものしか有効でない。…

※「ヘビ毒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘビ毒の関連キーワードクサリヘビ毒腺蛇毒毒蛇ジャパンスネークセンターウミヘビ(海蛇)サンゴヘビ(珊瑚蛇)毒ヘビ(毒蛇)ブタンタン毒ヘビ研究所蛇毒 (snake venom)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘビ毒の関連情報