ヘフリガー(英語表記)Ernst Haefliger

世界大百科事典 第2版の解説

ヘフリガー【Ernst Haefliger】

1919‐
スイスのテノール歌手。チューリヒ音楽院で学び,1942年デビュー。49年ザルツブルク音楽祭におけるC.オルフの《アンティゴネ》初演でティレジアス役を歌う。52年ベルリン・ドイツ・オペラと契約して以来,60年代にかけて欧米各地で活躍,とくにモーツァルトのオペラに数多く出演して好評を得た。また天性の抒情的な声に加えて常に正確で清潔な歌唱法を保ち,オラトリオ受難曲の名歌手としても知られた。1966年初来日。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘフリガー
へふりがー
Ernst Haefliger
(1919―2007)

スイスのテノール歌手。チューリヒ音楽院などで学び、1943年同地のオペラにデビュー、同年からバッハ『マタイ受難曲』の福音(ふくいん)史家を歌い始める。以後各地でオペラ、演奏会の両面で活躍、52年ベルリン・ドイツ・オペラと契約、モーツァルトや現代オペラで名声を高めた。またシューベルトの歌曲の解釈、カール・リヒター指揮によるバッハの受難曲演奏における福音史家の名演によっても知られた。71年以後はミュンヘンで教え、声に関する著述活動も行い、83年に『声楽の知識とテクニック』Die Singstimmeを出版した。1966年(昭和41)ベルリン・ドイツ・オペラと初来日。日本を含む教育活動にも力を注ぎ、日本歌曲をドイツ語訳で歌うなどした。[美山良夫]
『小椋和子訳『声楽の知識とテクニック』(1992・シンフォニア)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android