ヘラオモダカ(篦面高)(読み)ヘラオモダカ(英語表記)Alisma canaliculatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ヘラオモダカ(篦面高)」の解説

ヘラオモダカ(篦面高)
ヘラオモダカ
Alisma canaliculatum

オモダカ科の多年草。日本全土,朝鮮半島,中国に分布し,水沢地や水田などに生える。地下茎は短くひげ根が多数ある。葉は根生し長さ 20cmほどの葉柄があり,葉片は披針形あるいは広披針形。夏から秋にかけて,長い花茎を出し,大型の輪生総状花序をなす。花は白色で外花被片3枚,内花被片3枚で倒卵形,おしべ6本,めしべ多数。近縁種サジオモダカ (匙面高)の根茎同様,生薬沢瀉 (おもだか) alismatis rhizomaと呼ばれ,漢方利尿・止渇剤とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android