コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラスコフ Kheraskov, Mikhail Matveevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘラスコフ
Kheraskov, Mikhail Matveevich

[生]1733.10.25. ペリエスラブルザレスキー
[没]1807.9.27. モスクワ
ロシアの詩人,小説家。大貴族の家に生れ,モスクワ大学に勤務し,1763~70年同大学総長に就任。モスクワの劇場の基礎となった学生劇場の創設,発展に尽した。その間,戯曲,叙事詩,頌詩,風刺詩,小説など多分野に才能を示した。叙事詩『ロシアーダ』 Rossiada (1779) ,『カドムとガルモニヤ』 Kadom i Garmoniya (86) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘラスコフ
へらすこふ
Михаил Матвеевич Херасков Mihail Matveevich Heraskov
(1733―1807)

ロシアの詩人。祖父の代にワラキアから移住した貴族の出身。幼年学校卒業後3年間軍隊に勤め、のちモスクワ大学に勤務し、やがてその学長となる。ノビコフらとともにフリーメーソンの熱心なメンバーで、そのため一時退官を余儀なくされたこともある。代表作はロシア史に題材をとった二つの古典主義的叙事詩『ロシアーダ』(1779)と『ウラジーミル』(1785)。前者はイワン雷帝のカザン攻略、後者は若いロシア国家のキリスト教改宗という画期的事件を扱ったもの。ほかに頌詩(しょうし)、寓話(ぐうわ)詩、叙情詩、悲劇などの作品もある。[中村喜和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヘラスコフの関連キーワードボグダノービチ10月25日中村喜和

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android