コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラスコフ ヘラスコフ Kheraskov, Mikhail Matveevich

2件 の用語解説(ヘラスコフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘラスコフ
ヘラスコフ
Kheraskov, Mikhail Matveevich

[生]1733.10.25. ペリエスラブルザレスキー
[没]1807.9.27. モスクワ
ロシアの詩人,小説家。大貴族の家に生れ,モスクワ大学に勤務し,1763~70年同大学総長に就任。モスクワの劇場の基礎となった学生劇場の創設,発展に尽した。その間,戯曲,叙事詩,頌詩,風刺詩,小説など多分野に才能を示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘラスコフ
へらすこふ
Михаил Матвеевич Херасков Mihail Matveevich Heraskov
(1733―1807)

ロシアの詩人。祖父の代にワラキアから移住した貴族の出身。幼年学校卒業後3年間軍隊に勤め、のちモスクワ大学に勤務し、やがてその学長となる。ノビコフらとともにフリーメーソンの熱心なメンバーで、そのため一時退官を余儀なくされたこともある。代表作はロシア史に題材をとった二つの古典主義的叙事詩『ロシアーダ』(1779)と『ウラジーミル』(1785)。前者はイワン雷帝カザン攻略、後者は若いロシア国家のキリスト教改宗という画期的事件を扱ったもの。ほかに頌詩(しょうし)、寓話(ぐうわ)詩、叙情詩、悲劇などの作品もある。[中村喜和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘラスコフの関連キーワードカリエスアリエスカペリエ稲毛ペリエカードペリエ千葉ペリエ津田沼ペリエ西千葉ペリエライムペリエレモントリエステ・オペレッタ・フェスティバル

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone