コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘリオスタット heliostat

翻訳|heliostat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘリオスタット
heliostat

日光を反射して一定の方向に送る反射鏡。ヘリオスタットを取付けた大型凹面鏡の焦点でタングステンを溶かすこともできる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヘリオスタット(heliostat)

太陽の光を平面鏡で反射させて一定の方向に送る装置。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヘリオスタット

1枚の平面鏡を支えた極軸が太陽の日周運動を追って1日1回転の速さで回転し,その光を一定方向に送る装置。シーロスタットより構造は簡単だが,太陽像が時間とともに回転するのが欠点。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘリオスタット【heliostat】

1枚の平面鏡を使って太陽光をつねに極軸方向に送る装置。日周運動をする太陽を追って,平面鏡Mを支えた極軸が1日に1回転の速さでまわり,極軸方向に置かれた観測装置に光を導く(図参照)。太陽像は日周運動で移動するとともに回転するので,観測装置をそれに合わせて回転させなければならない。像は回転するが1枚の平面鏡ですむ利点があるので大型の装置がつくれる。アメリカのキット・ピーク天文台にあるマクマス太陽望遠鏡にこの方式のものが使われている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヘリオスタット【heliostat】

太陽の光を反射して特定の方向へ送る装置。視野が時間とともに移動するので調整しないと長時間使えない。シーロスタットの原型。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘリオスタット
へりおすたっと
heliostat

日周運動する太陽を追尾し、常時、太陽光を極軸方向に導く装置。[日江井榮二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヘリオスタットの関連キーワードシデロスタット天体望遠鏡太陽炉

ヘリオスタットの関連情報