コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンリー1世 ヘンリーいっせいHenry I

1件 の用語解説(ヘンリー1世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンリー1世
ヘンリーいっせい
Henry I

[生]1069. ヨークシャー,セルビー
[没]1135.12.1. ノルマンディー,リヨンラフォレ
イギリス,ノルマン朝イングランド王 (在位 1100~35) 。征服王ウィリアム1世の末子。長兄はノルマンディーロベール,次兄のイングランド王ウィリアム2世を継いで即位。「自由の憲章」を発布,前王時代の政治の非を率直に認め,教会には自由を,貴族には王の封建秩序の遵守を,民衆には罰金の軽減と平和の確保などを約束した。 1101年フランドルロベール2世と同盟してノルマンディーを攻略,06年兄ロベールを捕虜とし,その死 (34) まで投獄,公国を併合した。大陸領土の領有をめぐりフランスルイ6世と長く対立したが,娘マティルダとアンジュー伯ジョフロア・プランタジネットとの結婚によってアンジュー伯との長い敵対関係に終止符を打った。国内では国王の巡回裁判などの司法制度の充実,財政組織の確立,王政庁の整備に努め,教会政策としては,司教や修道院長の任命に関する国王の影響力の拡大をはかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヘンリー1世の関連キーワード延久記録所総合計画延久狭衣物語治暦円快記録所後三条天皇聖徳太子絵伝

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone