コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベイスギ ベイスギ

2件 の用語解説(ベイスギの意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

ベイスギ

ヒノキ科クロベ属の常緑針葉樹。漢字では米杉。英名はwestern redcedar。和名はアメリカ産のスギの意味だが、スギと同科ではあるもののスギ属ではなく、クロベに近く、アメリカネズコとも呼ばれる。辺心材の差は明らかで、辺材は白色で狭く、心材は赤褐色。部分的に黒ずんだ黄褐色も現れ、色調が均一でない事が欠点。建築、建具、屋根板などに使用され、集成材や杉の代用として天井板によく用いられる。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベイスギ
べいすぎ / 米杉
western red cedargiant thuya
[学]Thuja plicata D. Don

ヒノキ科の常緑針葉大高木。アメリカスギ、アメリカネズコ、プリカータネズコともいう。大きいものは高さ60メートル、径4メートルに達する。樹冠は円錐(えんすい)形で、先端はとがる。樹皮は赤褐色、薄く鱗片(りんぺん)状にはげる。葉は卵形の鱗片状で先は鋭くとがり、裏面は暗緑色である。冬季は黄褐色に変わる。枝葉に香気がある。雌雄同株。球果は長卵形で長さ1~2センチメートル、9~10月に褐色に成熟する。アメリカ西海岸地方原産で、ブリティッシュ・コロンビア、アラスカのシトカ、バンクーバーなどに多く、渓谷や湿地でよく育つ。日本にも種子が入り、見本的に植えられているが、類似種のニオイヒバより耐寒性が低く、生育が悪い。材はいわゆる米材として輸入され、建築、器具、土木用材などにする。[林 弥栄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベイスギの関連キーワード常緑樹針葉樹林鼠子黒檜台湾檜紅檜ヒノキベイツガ米檜ベイヒバ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベイスギの関連情報